2021/08/02(月)L-FRIENDS

9/23(木・祝)に消えゆく野生のライオンを救うプロジェクト「SAVE LIONS DAY」を開催

ここに画像が入ります

埼玉西武ライオンズは2019シーズンにスタートした、チームのシンボルである“ライオン”を絶滅の危機(※1)から救う保全活動であるSAVE LIONS プロジェクトを今シーズンも継続して実施しております。 活動3年目である今年も、9月23日(木・祝)楽天戦におきまして、『SAVE LIONS DAY』を開催いたします。

(※1)オックスフォード大学の調査によると、世界の野生ライオンの生息数は、直近20年で約半分にまで減少しており、100年前と比較すると約2割まで激減しているとされています。

なお、『SAVE LIONS DAY』当日は、選手たちが「ライオンズ70周年ユニフォーム」および本プロジェクトのロゴ入り「オリジナルキャップ」を着用して試合を行います。

埼玉西武ライオンズは「環境支援」活動に積極的に取り組んでまいります。

9/23(木・祝)『SAVE LIONS DAY』開催(会場:メットライフドーム)

日程
9月23日(木・祝)東北楽天ゴールデンイーグルス戦(14:00試合開始予定)
場所
メットライフドーム(埼玉県所沢市)
  • 当日のイベントや催しは後日発表いたします。

シーズン企画 ホームラン連動寄付活動

2021シーズン中のホームゲームにおける当球団のホームラン1本につき“WildCRU”へ1万円を球団から寄付します。(昨年実績49本)

キャッシュレス募金を実施

インターネットから手軽に募金活動にご参加いただける『SAVE LIONS ~消えゆく野生のライオンを救うプロジェクト~』キャッシュレス募金を実施します。

ここに画像が入ります
ここに画像が入ります
  • 寄付はこちら
寄付方法
LINE Payにて、一口500円から最大1,000口まで寄付を行うことができます。
寄付をご希望の際は、上記QRコードからお願いします。
  • LINEアプリをインストールする必要がございます。
  • 寄付金の各種決済システム利用料は差し引かれます。
  • 特定商取引法に基づく表示
    販売事業者名(社名・商号・屋号)
    株式会社西武ライオンズ
    販売事業者所在地
    埼玉県所沢市上山口2135
    代表者または運営統括責任者
    居郷 肇
    連絡先/ホームページ
    https://www.seibulions.jp/
    連絡先/TEL
    0570-01-1950
    平日10:00~18:00 土・日・祝は除く
    販売価格帯
    販売価格帯
    代金の支払時期および方法
    LINE Pay:決済時
    商品代金以外に必要な費用 /送料、手数料、消費税等
    各種決済のシステム利用料は差し引かれます。
    返品の取扱条件/返品期限、返品時の送料負担
    または解約や退会条件/解約・退会の規約
    返金、キャンセルはできません。
LINE Payお支払い方法
①LINE Payで本人確認済みの方(LINE Moneyアカウント)
・LINE Pay 残高
・LINE Payに登録済みのクレジットカード
・LINEポイント
②LINE Payで本人確認をしていない方(LINE Cash アカウント)
・LINE Payに登録済みのクレジットカード
・LINEポイント
  • LINE Cashアカウントの方は、本人確認をしていただくことでLINE Moneyアカウントとなり、残高からも募金が可能になります。
  • 本人確認はLINE Pay>銀行口座から銀行口座を登録するか、LINE Pay>設定>本人確認から申請可能です。
  • LINEポイントは、残高・クレジットカードでのお支払いの際にあわせてご利用いただくこともできます。
期間
通年

SAVE LIONS プロジェクト コミットメント

ここに画像が入ります

IUCNのレッドリストにおいて、絶滅危惧種に指定されているライオン。「持続可能な開発目標SDGs(Sustainable Development Goals)」の達成に向けて、埼玉西武ライオンズは、SAVE LIONS プロジェクトを通じて貢献していきます。

〜「持続可能な開発目標(SDGs)」とは?〜

「持続可能な開発目標(SDGs)」は、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)に代わる新たな目標として、2015年9月の国連サミットで採択されました。
飢餓、教育、ジェンダー、環境など、合計17の目標で構成されています。

オックスフォード大学 動物研究機関 “WildCRU(ワイルドクルー)”概要

ここに画像が入ります

WildCRU(本部所在地:英国、代表:デイビッド マクドナルド)は、オックスフォード大学の動物学部に属する野生動物保全調査ユニット。科学的研究に基づいた野生動物の保全問題研究と、その問題を現実的に解決することをミッションとしている。
1999年から長期間にわたり、ライオンの生態、捕食行動、個体数などを調査。効率的で長期的な視野に立って、ライオンの保全活動を行っている。WildCRUは、ライオンにとっても人間にとっても、幸福につながるような解決方法の探究を目指している。

世界における野生のライオン 生息状況

ここに画像が入ります

IUCN(国際自然保護連合)のレッドリスト(絶滅の恐れのある世界の動物リスト)において、絶滅危惧種に指定されているライオン。
英国オックスフォード大学の調査によると、世界の野生のライオンの生息数は、直近の20年で約半分に減っていることが分かりました。さらにさかのぼり100年前と比較すると、その生息数は約2割にまで激減していると考えられています。その結果、現在、アフリカに約2万頭、インドに約400頭のみが生息しているといわれています。
野生のライオンが激減した主な理由としては、人間の土地開拓による生息地の減少や、家畜をめぐるライオンと人間との衝突が挙げられます。アフリカでは、この100年でライオンの生息地が75%も減少しています。ライオンの生息地が人間に浸食され、ライオンが十分に餌を確保できないだけでなく、餌がなくなったライオンが家畜を襲い、その仕返しとしてライオンが命を奪われることも理由として挙げられます。
また、人間の生活エリアに迷い込んだライオンが、車や列車にひかれたり、時には人間の手にかかり、死んでしまうこともあります。

2020シーズンの「SAVE LIONS DAY」について 2020シーズンの寄付のご報告

L-FRIENDS一覧へもどる ニュース一覧へもどる