メットライフドーム概要

狭山丘陵のなかにあるアウトドア感覚のドーム球場。1979年から西武ライオンズの本拠地球場として球史に残る名勝負が繰り広げられた球場である。1999年からドーム球場となり、2016年シーズンから人工芝を張り替え、新たな球場として生まれ変わっている。

所在地
埼玉県所沢市上山口2135
屋根構造
屋根
ステンレスの金属屋根および膜屋根
高さ
64.5m(グランド面から)
屋根の直径
223m
人工芝
材質
耐候性ポリエチレン
製法
特殊捲縮加工モノフィラメント
長さ
65mm
充填材
特殊調整珪砂+ゴムチップ
フェンス
構造
強化繊維入り表面シート+軟質ポリウレタンフォーム+サーモプラスティックウレタン
厚さ
標準100mm
収容人数
全体
31,552人
グラウンド
面積
12,631.29㎡
両翼
100m
中堅
122m
スコアボード
(メインスコアボード)
画面面積
601.62㎡
発光方式
RGBフルカラーLED方式
サブビジョン
画面面積
57.671㎡
発光方式
RGBフルカラーLED方式
照明
高演色性メタルハライドランプ
高効率メタルハライドランプ
照度
バッテリー間 2,500LX
内野 2,000LX
外野 1,500LX
付属施設
CAR3219フィールド、ライオンズ トレーニングセンター、若獅子寮