2019/08/25(日)L-FRIENDS

「SAVE THE HOPE」ライオンズ オレンジリボン運動 支援募金の実施について

ライオンズはL-FRIENDS活動「こども支援」の基本理念である【青少年の健全育成】の一環として、こども虐待防止・オレンジリボン運動に賛同し、野球を通じて、選手、ファン、球団が一体となって、こども虐待防止・子育て支援に「共に強く。共に熱く。」取り組み、社会課題の解決に立ち向かってまいります。

株式会社西武ライオンズならびに埼玉西武ライオンズ選手会は8月21日(水)にメットライフドームで開催されたホームゲームにおいて、募金活動を行いました。

試合前には、ライオンズの辻 発彦監督、十亀 剣投手、小川 龍也投手が一緒に募金活動を行いました。

この間、ご来場いただきました多くのみなさまからたくさんの支援金をお預かりいたしました。ご協力、誠にありがとうございました。

ご協力いただきました支援金の総額
201,802 円

これらの支援金につきましては、オレンジリボン運動を支援している特定非営利活動法人 児童虐待防止全国ネットワークへ送金し、こども虐待防止活動のために役立てられます。

支援金活動に参加した 辻監督のコメント

「オレンジリボン運動でこどもの虐待のない社会を目指していきます。こどもたちの笑顔が増えるように、野球の楽しさを伝えていきたいと思います。」

辻監督の宣言 メッセージボード

  • 選手達の直筆ボードは、こちらからご覧いただけます。

募金の呼びかけに参加した選手

十亀 剣投手 「子どもたちの目が輝き、明るい笑い声が響くボールパークにします!!」
小川 龍也投手 「全力プレーで子供達に勇気を!」

当日のスターティングメンバー

1中 秋山 翔吾選手「全力プレー、次のヒット1本を未来の君たちに届けます!!」
2遊 源田 壮亮選手「次の世代へ夢と笑顔を繋げます。」
3捕 森 友哉選手 「フルスイングで子どもたちに夢と希望を届けます」
4指 中村 剛也選手「子どもたちの夢を乗せて、アーチを描きます!!」
5二 外崎 修汰選手「試合に勝って笑顔を届けます。」
6一 山川 穂高選手「子どもたちの夢を乗せて、アーチを描きます!!」
7右 木村 文紀選手「最後まで諦めず全力プレーで勝利を届けます」
8三 佐藤 龍世選手「試合に勝って、子ども達に笑顔を届けます!!」
9左 金子 侑司選手「野球の力で子供達を笑顔にします!」
先発 榎田 大樹投手「チャレンジする姿勢を貫き、全力投球で子どもたちに勇気を与えます!」

「オレンジリボン運動デー限定ユニフォーム・キャップ」が当たるキャンペーン

本プロジェクトのパートナーである「じぶん銀行」では、1,000円以上を募金いただいた方の中から抽選で「オレンジリボン運動デー限定ユニフォーム・キャップ(選手サイン入りオーセンティック)」が当たるキャンペーンを10月31日まで実施しております。

オーセンティックユニフォーム
選手サイン入りオーセンティックユニフォーム
※画像はイメージです
オーセンティックキャップ
選手サイン入りオーセンティックキャップ
※画像はイメージです
概要
埼玉西武ライオンズ選手サイン入りグッズプレゼント
期間
2019年10月31日(木)まで
条件
期間中に以下条件をすべて満たす方の中から抽選で景品をプレゼント
  • 1.じぶん銀行口座から1,000円以上寄付された方
  • 2.キャンペーンエントリーされた方
景品
オレンジリボン運動デー限定
選手サイン入りオーセンティックユニフォーム×3名さま
選手サイン入りオーセンティックキャップ×3名さま

じぶん銀行オレンジリボン募金キャンペーン

ライオンズが取り組むL-FRIENDS活動はこちら!

L-FRIENDS一覧へもどる ニュース一覧へもどる