2019年
クライマックスシリーズ

2019年ファイナルステージ

山川、栗山の本塁打が飛び出すも初戦を白星で飾れず

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
  福岡ソフトバンクホークス 2 0 0 0 0 0 1 2 3 8
  埼玉西武ライオンズ 0 0 2 1 0 1 0 0 0 4

2019年10月9日 クライマックスシリーズファイナルステージ第1戦(メットライフドーム)

投手

【西】ニール-小川-●平井-平良-榎田
【ソ】和田-嘉弥真-髙橋純-○甲斐野-モイネロ-森

本塁打

グラシアル 1号ソロ

試合詳細

レギュラーシーズン2位から、ファイナルステージに勝ち上がってきたホークスを本拠地に迎えての第1戦。先発のニールが初回にいきなり2点を失うも、3回2死から中村、外崎の連続適時打で逆転に成功する。

6回には山川の左中間適時二塁打で2点差に広げたが、救援陣が粘れず。7回に1点を返されると、8回には平井が2失点を喫し、逆転を許す。9回には榎田が3失点と崩れ、悔しい敗戦からのスタートとなった。

打線奮起も、序盤の大量失点が響き手痛い2連敗

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
  福岡ソフトバンクホークス 1 1 4 1 0 1 0 0 0 8
  埼玉西武ライオンズ 0 0 0 1 3 0 1 1 0 6

2019年10月10日 クライマックスシリーズファイナルステージ第2戦(メットライフドーム)

投手

【西】●今井-佐野-マーティン-平良-ヒース-増田
【ソ】武田-嘉弥真-○石川-甲斐野-モイネロ-森

本塁打

【西】外崎 1号ソロ
【ソ】中村晃 1号2ラン、グラシアル 2号ソロ

試合詳細

リーグ優勝で得たアドバンテージの1勝を含め、対戦成績1勝1敗のタイで迎えた第2戦。先発の今井がソフトバンク打線につかまり、3回途中6失点でマウンドを降りる。さらに、2番手の佐野も1点を失い、4回までに7失点と大量ビハインドを背負う。

しかし、打線が奮起。6点ビハインドで迎えた5回、源田の適時二塁打、森の犠飛、中村の適時二塁打で3点を返し、3点差に。その後、7回8回に1点ずつ返し、2点差となった最終回。二死一塁、一発出れば同点の場面で山川に打席が回ったが、ショートゴロに倒れ、ゲームセット。手痛い2連敗となった。

投打ともに精彩を欠き完封負け。日本シリーズ進出へ背水の陣

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
  福岡ソフトバンクホークス 1 2 0 0 0 0 0 0 2 7
  埼玉西武ライオンズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

2019年10月11日 クライマックスシリーズファイナルステージ第3戦(メットライフドーム)

投手

【西】●十亀-松本航-ヒース-小川-平井
【ソ】 ○千賀-髙橋純

本塁打

【西】
【ソ】牧原 1号2ラン

試合詳細

先発の十亀が立ち上がりから制球に苦しみ、初戦、第2戦に続き、この日も初回に先制を許し、苦しいスタートに。4回8安打5失点でマウンドを後にする。 打線も、ソフトバンク・千賀を前に沈黙。初回こそ先頭打者の秋山が右前安打で出塁し、源田の犠打で一死二塁とするが、後続が倒れ、このチャンスを活かせず。

その後は、次々にバットが空を切り、10三振。投打ともに精彩を欠き、完封負けを喫した。

3連敗で、日本シリーズ進出へ背水の陣となった

パリーグ初の4連敗でCS敗退…2年連続で日本シリーズ進出叶わず

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
  福岡ソフトバンクホークス 0 0 1 2 0 2 2 0 2 9
  埼玉西武ライオンズ 0 0 0 1 1 1 0 0 0 3

2018年10月13日 クライマックスシリーズファイナルステージ第4戦(メットライフドーム)

投手

【西】●本田-平良-松本航-小川-ヒース-増田
【ソ】バンデンハーク-嘉弥真-○髙橋純-石川-甲斐野-モイネロ-森

本塁打

【西】メヒア 1号ソロ、山川 1号ソロ
【ソ】今宮 1号ソロ、グラシアル 3号ソロ、今宮 2号2ラン、今宮 3号2ラン

試合詳細

王手をかけられ、後がなくなった第4戦、崖っぷちのマウンドを任された本田は、初回無失点。2回には二死一、二塁のピンチを背負うも、甲斐を三振に仕留め、まずまずの立ち上がりを見せる。しかし3回、今宮に1号ソロを左翼スタンドに叩き込まれ、この日も先制を許してしまう。

打線は4回に1点、5回にメヒアのレフトスタンドへのソロで1点差に迫る。しかし、6回に松本、7回にヒース、9回に増田がそれぞれ2失点。打線も7回以降得点を奪うことができず、敗戦。屈辱の4連敗で、クライマックスシリーズ ファイナルステージ敗退となった。

試合後、辻監督は「レギュラーシーズン優勝したことは誇ってほしいと思う。今井、本田、(高橋)光成たち若い投手がいい経験をした。来年に生かしてほしい」と選手をねぎらい、来季へ若獅子たちに奮起を促した。