2022/03/09(水)L-FRIENDS

埼玉県内の野球団体が一堂に会し「埼玉県野球協議会」を設立!

ここに画像が入ります
  • 埼玉県野球協議会加盟団体
ここに画像が入ります
  • 設立総会の様子

ライオンズと埼玉県内の野球団体で、野球の競技人口が減少の一途をたどるなか、県内の各団体が連携して共に県内の野球環境を整備し、こどもたちが思い切り野球を楽しめる環境を創出するための「埼玉県野球協議会」を3月5日()に設立しました。これは地域コミュニティ活動『L-FRIENDS』の活動の柱のひとつである野球振興の一環として、各団体と協業して設立するものです。設立総会では、当社代表取締役社長の奥村剛が代表理事に就任いたしました。

これまでも当社をはじめ各団体では、野球教室や指導者講習会などの野球振興活動を行っていましたが、本団体は地域や年代、性別などにとらわれずに野球競技人口の増加を目指すほか、正しい知識や指導技術を持った指導者の育成や少年期のけがの予防などを目的として活動していきます。
また、県野球協議会による初めてのイベントとして、5月1日()にベルーナドームにて、野球をやったことのないお子さま向けの野球イベントを実施する予定です。(イベント概要や参加方法などは、後日オフィシャルサイトなどでお知らせいたします。)

野球競技者人口の減少に歯止めをかけるべく、埼玉県を拠点とする団体が互いに協力し合い、野球人口の増加に貢献してまいります。

「埼玉県野球協議会」概要

設立理念
埼玉県内のこどもたちに野球の素晴らしさを伝え、生涯スポーツとして野球を楽しめる環境をつくり、将来社会で活躍する人材を育成する
設立の目的
①地域、団体、年代、性別など全ての部門での野球競技人口の増加
②正しい知識や指導技術を持った指導者の育成
③生涯スポーツとして楽しむための医療的アプローチ
④情勢や環境の変化などによる課題の解決
活動内容
  • 毎年4月と10月に県内のチーム数・競技者人口の把握、情報の共有
  • 野球未経験のこどもたちに向けた野球振興イベントの共同開催
  • 12月~1月を目途に指導者講習会を開催し、指導者の参加を促す
  • 12月~1月を目途に肘肩検診を開催し、こどもたちの参加を促す
  • 各イベントへの担当者の派遣、定期的なWeb会議の実施
  • 年1回の総会を実施
など
代表理事
株式会社西武ライオンズ 代表取締役社長 奥村 剛
加盟団体
一般財団法人埼玉県高等学校野球連盟/埼玉県スポーツ少年団野球部会/埼玉県中学校体育連盟野球専門部/埼玉県野球協会/埼玉県野球連盟/株式会社埼玉武蔵ヒートベアーズ/JJBF埼玉県中学生野球連盟/株式会社西武ライオンズ/一般社団法人全日本少年硬式野球連盟/一般社団法人全日本女子野球連盟埼玉県支部/公益財団法人日本少年野球連盟ボーイズリーグ埼玉県支部/一般社団法人日本ポニーベースボール協会 関東連盟/リトルシニア関東連盟北関東支部
  • 五十音順、敬称略。
  • 今後追加で加盟いただく団体もございます。
協力団体
共栄大学硬式野球部(新東京大学野球連盟)/城西大学(首都大学連盟)/東洋大学硬式野球部(東都大学野球連盟)/平成国際大学野球部(関甲新学生野球連盟)/立教大学野球部(東京六大学野球連盟)/立正大学硬式野球部(東都大学野球連盟)
  • 五十音順、敬称略。
  • 今後追加で加盟いただく団体もございます。

代表理事 奥村剛(株式会社西武ライオンズ 代表取締役社長)コメント

私も幼少期から社会人まで野球をプレーしていた身として、現在の少年野球を取り巻く環境や野球競技人口の減少に大変危機感を持っています。当社としても県内の各自治体との連携を通して野球振興活動に取り組んでおりますが、このたび野球協議会を設立したことにより、埼玉県の野球関係者の皆さまが一丸となって、埼玉県の野球競技人口の増加や現状の課題の解決、野球をプレーする人の環境の整備などに対して取り組んでまいります。

L-FRIENDS一覧へもどる ニュース一覧へもどる