2022/02/01(火)その他

キャンプ地の南郷スタジアムに階段アートが完成!ファンの皆様からのご支援ありがとうございました。

ここに画像が入ります
ここに画像が入ります

ライオンズのキャンプ地、南郷町の活性化を目的として地元の高校生が主動している「BCLプロジェクト」。3年目の取組みとして制作を進めていた南郷スタジアムの階段モザイクアートがついに完成いたしました!
春季キャンプ初日を迎えた本日2月1日にメディア向けのお披露目イベントが開催され、階段アートが公開となりました。
この階段アートは、本プロジェクトを主導した高校生2名を中心にデザインが決定し、埼玉西武ライオンズと南郷町との絆を象徴するアートに仕上がっています。

本プロジェクトの実現にあたり、多くのファンのみなさまからクラウドファンディングでのご支援を賜り、心より御礼申し上げます。
南郷スタジアムにご来場の際は、ぜひ階段アートをご覧ください!

高校生2名からのお礼メッセージ

■日南高校2年:木下泉希(きのしたみずき)さん
BCLプロジェクトへのご協力ありがとうございます。
今回作成した階段アートは一目で南郷のよさが伝わるようにしました!ファンの皆さんや地域の方々が久しぶりに南郷スタジアムを訪れた時に元気が出るようなものになればいいなと言う願いをこめました。今後も2人で力を合わせてどんな取り組みも全力投球で頑張ります!

■日南高校2年:安藤みさき(あんどうみさき)さん
階段アートはライオンズファンもこの場所に来たくなるような誰でも楽しむことのでき、南郷が誇れるものにしたいと考えています。南郷の活性化とライオンズのためにいろいろな活動を2人で協力して行っていきます!応援してくれると嬉しいです!

BCLプロジェクトとは

BCLのBはBlue、CはCity、LはLeoを意味しており、日南市立南郷中学校出身の高校生4名で2019年に結成されました。地元の活性化のために南郷町とライオンズがコラボした地域活性化策を行っていくことを目的としています。
3年目の取組みとなる今回は、先輩の意思を引き継いだ女子高生の2名が、モザイクアートのベースのデザインを手がけました。

その他一覧へもどる ニュース一覧へもどる