2019/08/02(金)チケット

大規模リニューアル!2020シーズンのシート概要を発表!

ライオンズでは、現在、メットライフドーム周辺エリアの改修を進めております。
2020・2021シーズンに向け、メットライフドームのシートを大幅にリニューアルいたしますので、お知らせいたします。

2020シーズンは、ネット裏エリアには、プレミアムな観戦をお約束するラグジュアリーなシートの「プレミアムシートS」「プレミアムシートA」に加えて、「ネット裏エグゼクティブシート」の3席種が新設されます。
また、内野指定席エリア(一部除く)は、シートがクッションシートにリニューアルされることで、より快適にご観戦いただけます。
さらに、グループシート(定員4名まで)の「パノラマウッド4」(22ブロック88席)、カジュアルに立って観戦できる「ステンレスカウンター」(257席)の2席種を新設いたします。

2020シーズンの詳細情報、ならびに、2021シーズンのシートリニューアル情報につきましても、今後順次発表いたします。ぜひご期待ください。

1. ネット裏エリアを大規模改修!

緊張感と迫力を最上級の空間で体感できるネット裏エリアは、プレミアムな観戦をお約束するラグジュアリーなシートの「プレミアムシートS」「プレミアムシートA」に加えて、「ネット裏エグゼクティブシート」の3席種が新設されます。

プレミアムシートS
ネット裏エグゼクティブシート

シート詳細はこちら

  • シーズンシートの販売は、改修に伴いお座席が大幅に変更となるため、継続のお客さまに先行してご案内しております。新規のお客さまへのご案内は、10月上旬を予定しております。あらかじめご了承願います。

2.「パノラマウッド4」、「ステンレスカウンター」の2席種を新設!

(1)「パノラマウッド4」(定員:4名まで、22ブロック、合計88席)

内野指定席1塁側の上段部に位置するグループシート(定員4名まで)で、球場全体を見渡しながら、ご家族やご友人とともに野球観戦をワイワイとお楽しみいただけます。

(2)「ステンレスカウンター」(立見、定員:1名、合計257席)

球場外周エリアに、立って観戦できる「ステンレスカウンター」を新設いたします。
カウンターにフードやドリンクを置いて、カジュアルにご観戦いただけます。

シートイメージ
観戦時のイメージ

3. 内野指定席エリア(一部除く)のシートを高品質なクッションシートにリニューアル!

内野指定席シートイメージ

2019シーズンのベンチサイドシート(3塁側の一部)、内野指定席S、内野指定席B、内野指定席Cにあたるエリアのシートについて、2020年は内野指定席SS、内野指定席A、内野指定席B、内野指定席Cと席種名称を新たにし、さらに高品質なクッションシートにリニューアルいたします。通路側のシートには、現在のシートと同様に「レオマーク」があり、歴史を受け継いでおります。

この広範囲にわたるリニューアルで、興奮と感動を肌で感じながら、プレー全体を見渡すことができる内野指定席エリアにおいても、これまで以上に快適な観戦をご堪能いただけます。

  • 2019シーズンの内野指定席Aについて、2020シーズンにシートの変更はございませんが、席種名称を内野指定席SAと変更いたします。シートは2021シーズンに向けて改修を行う予定です。
リニューアルされる内野エリアの席種区分

ライオンズが取り組むボールパークプロジェクトについてはこちら!

チケット一覧へもどる ニュース一覧へもどる