2016/07/22(金)第10回戦

福岡ソフトバンク vs 埼玉西武

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  埼玉西武ライオンズ 0 1 0 0 0 0 1 0 0 2 6 0
  福岡ソフトバンクホークス 0 0 1 0 1 3 0 0 X 5 9 0

18:00試合開始|ヤフオクドーム
第10回戦 3勝6敗1分|晴れ 28℃|観客数:38,500人

vs福岡ソフトバンク 第10回戦

敵地で迎える首位・ホークスとの3連戦。序盤、炭谷の適時打で先制しましたが、中盤に相手打線につかまりリードされます。終盤、中村に反撃の一発が飛び出すも及ばず、カード初戦を落としました。

【高橋光成は苦戦するも5回2失点】
「今日は光成らしく勢いのあるストレートが投げられている」と土肥投手コーチが評価したように、先発・高橋光成は直球で押し込んでいきます。

序盤3回までは1失点に抑えた高橋光成。同点で迎えた4回は1死満塁のピンチを迎えましたが、吉村をフォークで併殺に打ち取って無失点に抑えます。

しかし、続く5回に浮いた変化球を今宮に運ばれ、1対2とリードを許す展開に。5回2失点と試合をつくったものの、97球と球数がかさんでしまい5回を投げ切ったところで降板となりました。失投の数を減らし、さらに長いイニングを投げられるようにしていきたいところです。

【中村が反撃の一発を放つ】
打線は相手先発・和田の前に3回以降完璧に抑えられていましたが、1対5とリードを広げられた直後の7回に主砲が意地を見せます。4番・中村が和田の直球をはじき返すと、打球は左中間フェンスを越え、スタンド前列に飛び込む13号ソロ本塁打になりました。
7月8日以来の一発で、球場に快音を響かせた中村。この一打を機に本来の打撃を発揮していきましょう。

明日は十亀が自身5月以来となる先発マウンドへ上がります。投打をかみ合わせて勝利をつかみ取りましょう。

田邊監督コメント

(高橋)光成は悪くはなかった。
あそこまで粘ってくれていたんだけどね。

接戦で中継ぎがね。
なんとか抑えてくれないとなかなか難しい。踏ん張ってほしかった。

1回表のミス(走塁)は、するならする、しないならしない。ジャッジを早くしないと。

ランナーは出るけど、最後に決めるべき人が決められない。
点が入らず閉塞感がある。

中村の一発はもう少し早い回に打ってほしかったね。
これをきっかけに状態を上げていってほしい。

牧田を投入しなかったのは1点ビハインドだからね。
病み上がりで長いイニングを投げさせられないしね。

試合ダイジェスト