2015/06/12(金)イベント

8/11(火)大ヒット映画「KANO~1931海の向こうの甲子園~」Blu-ray & DVD発売記念タイアップイベントを開催!

8月11日(火)北海道日本ハムファイターズ戦において、台湾と日本の両国で大ヒットした映画「KANO~1931海の向こうの甲子園~」とのタイアップイベント「KANOデー」を開催することが決定しました。

1931年、日本統治時代の台湾から甲子園に出場して決勝まで勝ち進んだ日本人、台湾人(漢人)、台湾原住民による「嘉義農林高校野球部」<KANO>を題材にした「KANO~1931海の向こうの甲子園~」は、数多くの台湾人と日本人を魅了した感動作です。

イベント当日は、映画の中でエースピッチャー・呉明捷(ご・めいしょう)を演じた曹佑寧(ツァオ・ヨウニン)さんが西武プリンスドームへ駆けつけ、イベントを盛り上げてくれます!

その他のイベント詳細は決定次第発表いたしますので、楽しみにお待ちください!

また、KANOデー開催に伴い、Blu-ray・DVDと8月11日(火)北海道日本ハムファイターズ戦の観戦券がセットになった企画チケットを期間限定で販売いたします。数多くの台湾人と日本人を魅了した感動作をご堪能ください。

企画チケット詳細はこちら

曹祐寧さんプロフィール

1994年4月24日台湾生まれ。身長180cm。
「KANO~1931海の向こうの甲子園~」が初の演技経験となったが、台北電影奨の助演男優賞を獲得、金馬奨でも新人賞にノミネートされ、今や台湾の国民的スターとなった。
また、私生活では輔仁大学で野球を続けている。2014年に開催された「第1回 IBAF 21Uワールドカップ」に台湾代表として出場し、チームを優勝に導くと共に自身もベストナインを獲得した。チームメイトには埼玉西武ライオンズで活躍している郭俊麟投手がいた。

KANO~1931海の向こうの甲子園~とは

1931年、日本統治時代の台湾から甲子園に出場し、決勝まで進んだ、日本人、台湾人(漢人)、台湾原住民による「嘉義農林学校」<KANO>野球部の感動の実話。台湾映画最大級の製作費をかけて映画化した超大作エンターテイメント。
台湾では歴史的な大ヒットを樹立し、日本でも連日劇場満席状態の大ヒットを記録した。
8月5日(水)からBlu-ray & DVDが発売される。〔発売&販売:アニプレックス〕

イベント一覧へもどる ニュース一覧へもどる