2021/12/14(火)チーム

【新入団選手のスカウトに聞いた!第4弾】黒田将矢投手・中山誠吾選手

来季からライオンズの一員になる新入団選手のことをファンの皆さまにより知っていただくために、担当スカウトの方々にインタビューを実施!
今回は第四回!188cmと190cmという高身長をもった黒田投手と中山選手について聞きました!
黒田将矢投手 (担当スカウト:水澤英樹スカウト)
中山誠吾選手 (担当スカウト:大島裕行スカウト)

プロの舞台でも人々をワクワクさせる投球を!黒田将矢投手

ここに画像が入ります

ドラフト5位で指名された黒田将矢投手。
188cmという長身を生かした直球とフォークが武器の黒田選手について水澤スカウトが語った。

長身から投げ下ろすストレートとフォークボールが武器

水澤スカウトが大きく育ってほしいと話す黒田投手。その一番の魅力について水澤スカウトは「プロフィールにもあるが長身から投げ下ろすストレートの角度とフォークボールでストライクを取れ、そしてウイニングショット、三振もとれるところ」と評価する。プロ入り後の将来像としても「決め球にできるフォークボールがあるので、ここぞという場面で三振を取ってもらいたい」と期待を込めた。

今後の成長も楽しみな188cmの長身の高校生右腕だが、水澤スカウトは「体力的な部分もそうだが、スピード。まだまだスピードガン表示ほどのボールの力強さがない。そこも、プロに入って身体づくりをしていけばおのずとストレートの力もついてくる。フォークボールもまたすごく生きてくると思う」と今後活躍するためのポイントをあげた。

水澤スカウトをワクワクさせるプレースタイル!

指名あいさつ時に各社からインタビューを受けた水澤スカウトは黒田投手を「日本でも、海外でも活躍できると思う」と評価していた。この真意を水澤スカウトに聞いてみた。
「練習する姿、試合をしているときの姿、どの表情を見ても常に楽しそうに彼はやっている。それを見ると私まで楽しくなる。見ていてワクワクさせてくれる、いい気持ちにさせてくれる。そういうところは日本でも、日本を超えても通用するし、愛されて活躍する選手になれるんじゃないかな」と話してくれた。
その特徴はプレー面だけでなく、性格面でも同様の印象が水澤スカウトにはある。「何回か接した印象だが、野球が好きで、楽しそう。常に前向きな性格」。さらに「見ているファンの方に、楽しそうにプレーしている姿を見せて、すこしでも勇気付けられる選手になってもらえれば」と今後もその性格を生かしたプレーを求めた。

水澤スカウトから黒田投手へ

今のままの彼のスタイルでまずは勝負してもらいたい。野球を楽しんでやる姿をそのままファンの皆さまに見せていただきたい。

黒田投手担当スカウト:水澤英樹スカウト

秋田県出身。スカウトとして北海道・東北地区を担当。
スカウトとして活動する上で大切にしているのは、「試合を見ているだけでなく、つながりを大切にすること。相手に寄り添うこと。」

黒田将矢投手 ・選手名鑑

恵まれた体格を生かした打撃で一軍のレギュラーへ!中山誠吾選手

ここに画像が入ります

ドラフト6位でで指名された中山誠吾選手。
190cm、103kgと恵まれた体格を持つ中山選手について大島スカウトが語った。

高校生の頃から順調に成長した大学時代

大島スカウトは高校の頃から中山選手を知っていた。中山選手は栃木県にある青藍泰斗高校の出身で、進学した大学も同じ栃木県にある白鴎大学。大島スカウトは関東地区を担当するため継続的に見ることができた選手だった。高校生の頃は中山選手のチームメイトであるエースの石川投手(現・中日ドラゴンズ)が注目されていた。石川投手をメインに見ていた時にショートを守っていたのが中山選手だった。
中山選手もその頃から体格も良かったため大島スカウトは注目をしていた。「今に比べたら細かったですが、ゆくゆくの成長が楽しみだなと思っていた」とその頃の印象を振り返った。中山選手は順調に成長し大学2年時よりレギュラーに。その中山選手を見て大島スカウトは「大学生になってからはスケールがさらに大きくなっていき、プレーとしても良くなっていった」と話す。

体格を生かした力強いバッティングを生かせ!

白鴎大学で恵まれた体格を生かし成長した中山選手。大島スカウトは「ただ、体重が増えたからといって動けなくなるわけではなく、ダイナミックさが出てきた。恵まれた体格からの打撃は彼の強みだが、大きい身体を自分で使いこなせている」と中山選手の魅力を語る。
そんな中山選手が将来活躍するポイントとして大島スカウトは「決めつけるわけではないが、ディフェンス型の選手ではない。体格を生かして力強いバッティングがさらにできるようになれば、一軍で争えるようになると思う」と話した。プロに入ってからはチームが決めることと前置きしながらも、「打てるセカンドでもかっこいい」と彼の将来像のひとつを話してくれた。

生まれ育った栃木県で高校、大学時代を過ごしてきた中山選手のひととなりを大島スカウトに聞くと 「真面目な性格をしているが、まだ(世間に)揉まれておらず、マイペースな印象を受ける」と話す。一方で「スカウトと選手は入団交渉権を獲得するまでは選手と接触できないので本当のところはわからない。でも、まだ、僕には心の扉を開いてはくれてはいないかな」と大島スカウトは笑って話してくれた。

大島スカウトから中山選手へ

練習はうそをつかないと思うので、いっぱい練習をして自分に厳しくレギュラーを目指して頑張ってください!

中山選手担当スカウト:大島裕行スカウト

埼玉県出身。副寮長を経て2015年よりスカウトに。
スカウトとして嬉しいことは、担当した選手の入団してからの活躍。心配もいっぱいあるが、活躍すると出身校の監督から連絡をもらったり、選手のご家族とのやり取りもある。一軍に上がるところまで行けばちょっと安心。初ヒットや初勝利など、ひとつプロとしてクリアできたときが嬉しい。

中山誠吾選手 ・選手名鑑 2021年ドラフト指名選手担当スカウトインタビューページはこちら

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる