2021/12/13(月)チーム

【新入団選手のスカウトに聞いた!第3弾】古賀悠斗選手・古市尊選手

先日新入団会見を終えた若き選手たち。来季からライオンズの一員になる彼らのことをファンの皆さまにより知っていただくために、担当スカウトの方々にインタビューを実施しました!
今回は第三回!今年のドラフトで指名された若き捕手ふたりについて伺います!

★古賀悠斗選手(担当スカウト:竹下潤スカウト)
★古市尊選手 (担当スカウト:鈴木敬洋スカウト)

光る技術とキャッチャーとしての高いポテンシャル!古賀悠斗選手

ここに画像が入ります

ドラフト会議で3位でライオンズが指名した古賀選手。
投手出身の竹下スカウトが一番魅力に感じる古賀選手の特徴とは!

スキルだけではない魅力がある!

ドラフトで古賀選手が獲得されたときは「もう残っていないだろうと思っていたからおどろいた。本人もそうだったんじゃないかな(笑)。(同じく担当の)佐藤投手も正直ほかに取られると思っていたから、すごく驚きました」と、古賀選手の獲得で”できすぎ”の結果に驚いた竹下スカウト。

そんな古賀選手はキャッチャーとして評判が高い。
投手出身の竹下スカウトに一番の魅力を聞くと、「投手出身の僕が一番すごいなあと思うのは、キャッチャーってピッチャーと同じ球数を投げると思うけど、返球がいつも的確なんです。ドンピシャ。これはすごいこと。スキルだけではなく、意識をしていて、投手を思っていないとできないことだと思う」と話してくれた。
だから、と続けて「だからセカンドスローの映像とか見ていても、何回見ても正確で同じ画に見えるんですよ。続けて見ていて、『あれ、これも同じ動画?また同じ動画?』と思いました(笑)技術的なところもすごいんですけど、僕が思う一番の魅力はそこですね。」
丁寧で正確なプレーが二塁送球1秒台という記録を作り出したのかもしれない。来季から活躍する古賀選手の正確な送球・返球をぜひ注目していただきたい。

「いいお手本がいるのでそこを追ってほしい!」

竹下スカウトが古賀選手に注目しはじめたのは古賀選手が高校生の頃、「肩の強いキャッチャーだなあ」と最初に印象を持ち、これまで5年間追ってきた。
5年間追ってきて思う印象は「真面目」。「見た目はやんちゃというか、髪の毛とかもイケてるんだけど(笑)、根は真面目。だからこそ大学でもキャプテン背番号をつけているんだなあと思いました」と話す。

そんな古賀選手がライオンズのキャッチャーとして活躍していくために、まずは「うちには森・岡田・柘植などのいいお手本がたくさんいる。そこを追って行ってほしいですね。」と話し、続けて「古賀選手は本当に思いやりを持ってプレーするし、キャプテンシーも持っているので、投手とも捕手ともいい関係性を築けるし、かわいがられる選手になると思います。性格面では苦労しないんじゃないかな」とも話してくれた。
古賀選手のキャッチャー陣との、また、ピッチャー陣との関わりを見られる日が楽しみである。

竹下スカウトから古賀選手へ

ご縁があったので、今のままもくもくと自分のスタイルを貫いてがんばっていってほしいです。

古賀選手担当スカウト:竹下潤スカウト

静岡県出身。2008年からライオンズのスカウトを務める。 スカウトの仕事は「自分が選手・サラリーマンと経験したからこそ、野球で飯食えるのはすごいこと。」

古賀悠斗選手・選手名鑑

その強肩で突き抜けろ!古市尊選手

ここに画像が入ります

育成ドラフト1位で入団した古市尊選手。
後期の四国アイランドリーグでは盗塁阻止率.571とその強肩の持ち主について鈴木スカウトが語った。

練習でも目立った強肩

古市選手は高松南高校時代にドラフトの指名漏れを経験した選手。その後、四国アイランドリーグplus2021に所属する徳島インディゴソックスに入団。独立リーグを担当する鈴木スカウトも注目をしていた。しかし、キャッチ―陣もレベルが高く、試合への出場機会は恵まれていなかった。それでも鈴木スカウトが「試合前のシートノックの練習から肩で目立っていた」と語るように頭角を現し、前期リーグの終盤には出場機会も増えた。今年の育成ドラフトでは注目された選手のひとりだった。
鈴木スカウトはこの1年での成長を「キャッチングや、ブロッキングだったり、キャッチャーとして足りないことが多い選手だったが、 (徳島は)元プロ野球選手の首脳陣だったので、短い期間だったがそこで練習したことで技術が上がった」と教えてくれた。

キャンプからその強肩で目立ちまくれ!

古市選手の強みについて鈴木スカウトは「一番の強みは肩。肩に特化した選手」と話す。そしてこれから支配下を目指すためには、キャッチャーとしての技術を鍛えることは大前提としたうえで、「強みである肩をもっと強くしてもらいたい。(不足している部分を)補って丸くなるのではなく、もっと、尖り(肩)を尖らせてほしい。そうなれば必然とほかの部分もの伸びると思う。もっと肩で突き抜けて行ってほしい! 」と長所である肩をさらに伸ばすことを求めた。
性格面でも鈴木スカウトは「チームメイトにも茶化されるいじられ役ですが、それを返すのがうまい!いじられても刺されてしまう選手ではないのでプロでも苦労しないと思う」と古市選手のプロ入り後の活躍に期待を寄せた。

鈴木スカウトの期待にこたえるためにも、プロの世界でも必要なのはアピールだ。それについても鈴木スカウトは「キャンプからしっかりやっていれば必ず目立つと思う。それを想像して指名した。今は身体が細いが、身体づくりをしながらどんどんやっていてもらいたい」と育成1位のこれからの成長に期待を寄せた。

鈴木スカウトから古市選手へ

自分の持っているものをすべてアピールして、勝負するという気持ちを前面に出してプロ野球でもやってもらいたいです。独立リーグのときでも常にアピールするタイプだったので、その気持ちをずっと持ちながらプロの世界でもやってほしいです。

古市選手担当スカウト:鈴木敬洋スカウト

福岡県出身。獲得した選手がしっかり活躍するのかなどといった、自分の目との答え合わせはスカウトとしてのやりがいのひとつ。

滝澤夏央選手 ・選手名鑑 スカウトインタビューまとめページはこちら!

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる