2022.08.06 SAT
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
0
0
0
0
0
0
0
2
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
R
H
2
3
1
7

対千葉ロッテ 第18回戦

劇的なサヨナラ勝利から一夜明けた、千葉ロッテマリーンズとの第18回戦。
先発の與座投手は空振り三振を含む1回の三者凡退を皮切りに、緩急の効いた安定感ある投球で相手打線を7回2安打と抑え込みます。
與座投手の熱投に応えるように、5回には中村選手が三塁への鋭い当たりを鋭い反応でキャッチし、6回には外崎選手がネット際の難しいファウルフライをジャンピングキャッチするなど、好守も飛び出します。

一方野手陣は、2回裏にカウント1-1から4番山川選手の第31号本塁打で1点を先制します。
その後、4回裏には森選手の三塁打で無死3塁とチャンスを作りますが得点ならず、その後も相手投手を攻めあぐねる歯がゆい展開に。
與座投手の後を受けた中継ぎ陣は、八回に痛恨の2点本塁打を浴びてしまいます。
しかし、その後は抑えると、9回はボー投手が流れを作る三者凡退で締めます。

逆転され、再度点を取り返していきたい打線は、中継ぎ陣の投球に応えようと8回にチャンスを作りますが無得点に。
続く9回、山川選手の二塁打を皮切りにもう一度チャンスを迎えますがあと1本が出ず、試合終了。
1対2での惜敗となりました。

試合ダイジェスト



  1. トップ
  2. 試合情報
  3. ゲームレポート