2022.07.08 FRI
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
1
2
1
0
0
0
0
1
3
0
0
0
1
0
3
0
0
0
R
H
8
13
4
7

対東北楽天 第12回戦

東北楽天との第12回戦。打線は初回に山川選手の適時打で1点を先制すると、2回表にはオグレディ選手に10号2ラン、3回表は外崎選手に適時打が生まれ、序盤から4点のリードを奪います。

先発の高橋光成投手は、前半5回までは本塁打の1失点のみと踏ん張っていましたが、6回裏2死から4者連続四球を与えてしまい降板。2番手・佐々木投手も同点適時打を浴び、高橋光成投手は結果、5.2回106球5安打5四死球5奪三振4失点の投球内容となりました。

一時は同点に追い付かれましたが、8回表にオグレディ選手のこの試合2本目となる本塁打で勝ち越しに成功します。リリーフ陣も無失点でつなぐと、9回表には森選手の適時打、山川選手の26号2ランで突き放し、試合を決めました。

投げては3番手・水上由伸投手が1回無失点の好投で今季2勝目をマークしており、2位・東北楽天とのゲーム差を「0.5」に縮めています。

ヒーローインタビュー



試合ダイジェスト



  1. トップ
  2. 試合情報
  3. ゲームレポート