2022/05/17(火)第8回戦

埼玉西武 vs 福岡ソフトバンク

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  福岡ソフトバンクホークス 0 0 0 0 0 0 0 0 5 5 6 1
  埼玉西武ライオンズ 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 6 2

18:30試合開始|那覇
第8回戦 3勝4敗1分|曇り 21℃|観客数:9,841人

対福岡ソフトバンクホークス 第8回戦

福岡ソフトバンクとの第8回戦、沖縄セルラースタジアム那覇での2連戦・初戦を任されたのは、沖縄出身の與座投手。初回を3者凡退に抑える上々の立ち上がりを見せると、以降は要所を三振や併殺で切り抜け、得点を許さない好投を続けます。

一方の打線は、福岡ソフトバンクの先発・東浜投手の前に走者を出しながらも決定打が出ず、與座投手を援護することができません。

そんな打線は8回裏、岸選手の四球と金子選手の安打で2死1、3塁の好機をつくると、外崎選手の適時打で待望の先制点を挙げました。

しかし9回表、ここまで防御率0.00の平良投手がまさかの5失点を喫し、1対5で試合終了。惜しくも逆転負けとなりました。なお、先発した與座投手は8回117球4安打無四死球8奪三振無失点と、凱旋登板で圧巻の投球を見せました。

試合ダイジェスト