2022/04/13(水)第5回戦

埼玉西武 vs 北海道日本ハム

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  北海道日本ハムファイターズ 0 0 0 0 2 0 1 0 0 3 6 0
  埼玉西武ライオンズ 2 0 2 0 0 0 0 0 X 4 7 1

18:00試合開始|ベルーナドーム
第5回戦 3勝2敗0分|晴れ 22℃|観客数:10,179人

対北海道日本ハム 第5回戦

北海道日本ハムとの第5回戦に先発したのは、今季本拠地初先発となる松本投手。初回、相手打線を三者凡退に抑える素晴らしい立ち上がりを見せます。
するとその裏、岸選手が安打で出塁するとオグレディ選手が適時二塁打を放ち先制。続く呉選手にも適時打が生まれ初回から2点を奪います。
援護を受けた松本投手は2回、3回も三者凡退に抑える完璧な投球を披露。チームに更なる流れをもたらすと、打線は3回に鈴木選手の2塁打と岸選手の犠打でチャンスをつくり、続くオグレディ選手の2打席連続となる適時二塁打と外崎選手の適時打で2点を追加します。
その後、松本投手は失点を許すもののリードを守り切り降板。7回93球被安打5、4奪三振3失点という粘りの投球で勝ち投手の権利をもって降板しました。

松本投手の降板後、8回に登板した平良投手が三者連続三振に抑える好リリーフを見せると、9回は増田投手が締め、4対3で試合終了。逃げ切りに成功し松本投手は2勝目を手にしました。

ヒーローインタビュー



監督コメント



試合ダイジェスト