2021/09/24(金)第20回戦

埼玉西武 vs 千葉ロッテ

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  千葉ロッテマリーンズ 2 1 0 1 0 0 0 0 0 4 8 1
  埼玉西武ライオンズ 0 0 2 2 1 0 0 0 X 5 10 0

17:45試合開始|メットライフ
第20回戦 10勝6敗4分|晴れ 29℃|観客数:8,957人

対千葉ロッテ 第20回戦

千葉ロッテとの第20回戦に先発したのは今井投手。初回からボール先行、四球で走者をためると2本の適時打で2点を先制されます。続く2回も押し出しで1失点、3回までに7四球と制球に苦しみマウンドを降りました。続く2イニングを任された田村投手は4回に本塁打で1失点するも、5回は無失点で乗り切り、勝利投手の権利を得ます。

打線は3回、岸選手の9号2点本塁打で点差を1点に縮めます。再び点差を広げられた4回には、中村選手の14号本塁打、源田選手の適時打で同点。ゲームを振り出しに戻します。すると5回、相手投手の暴投で勝ち越し。その後は水上投手、増田投手、森脇投手、平良投手の無失点リレーで1点を守り切り、5対4で接戦を制しました。
岸選手はシーズン9本塁打で、独立リーグ出身選手のNPB最多記録を更新。5年目の田村投手はプロ初勝利を挙げました。

ヒーローインタビュー



監督コメント



試合ダイジェスト