2020/08/11(火)第6回戦

埼玉西武 vs 楽天イーグルス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  東北楽天ゴールデンイーグルス 1 2 0 0 0 2 1 0 1 7 14 0
  埼玉西武ライオンズ 0 0 0 4 0 0 1 0 0 5 7 0

18:00試合開始|メットライフ
第6回戦 2勝4敗0分|晴れ 33℃|観客数:4,715人

対東北楽天 第6回戦

楽天との第6回戦は、高橋光成投手が先発。初回に先制を許すと、2回表には辰己選手に2ランを許し、序盤に3点を失います。5回表は3者凡退に抑えたものの、6回表に走者2人を残して降板。後を託された平良投手と、7回表に登板した佐野投手も流れを止めることができず。無死満塁の場面でマウンドに上がった今井投手が無失点の力投を見せ、打線の反撃を待ちます。

 打線は3回まで弓削投手の前に1安打と封じられていましたが、4回裏に栗山選手の5号2ランで1点差に詰め寄ると、メヒア選手にも2号2ランが生まれ、一時は逆転に成功します。しかし5対7で試合終了。先発の高橋光成投手は6回途中7安打2四死球5失点と、悔いが残る登板となりました。

試合ダイジェスト