2019/08/17(土)第18回戦

福岡ソフトバンク vs 埼玉西武

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  埼玉西武ライオンズ 0 9 0 2 0 2 0 0 0 13 13 0
  福岡ソフトバンクホークス 0 0 0 0 0 0 0 6 2 8 10 0

18:00試合開始|ヤフオクドーム
第18回戦 9勝9敗0分|晴れ 30.0℃|観客数:40,178人

vs 福岡ソフトバンク 第18回戦

ライオンズは福岡に移動してホークスとの首位攻防戦。先発マウンドには高橋光投手が上がり、初回を無失点に抑える上々の立ち上がりを見せます。

直後の2回、栗山選手と外崎選手の連続安打で好機を作ると、続く山川選手に適時打が飛び出し1点を先制。その後も打線がつながり源田選手、中村選手の2点適時打、さらに栗山選手の3点本塁打などでこの回一挙9点を奪います。

6回には中村選手がライトへの2点本塁打を放つなど、中盤にも4点を追加。試合の主導権を握ると、大量援護を受けた高橋光投手は7回まで無失点ピッチングを披露します。

試合終盤に追い上げられますが、相手の反撃を振り切り13対8で試合終了。打線が爆発したライオンズがカード初戦をものにし、明日の戦いに弾みをつけました!

ヒーローインタビュー



試合ダイジェスト