2019/07/15(月)第15回戦

埼玉西武 vs 千葉ロッテ

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  千葉ロッテマリーンズ 1 3 0 0 0 0 2 0 0 6 11 0
  埼玉西武ライオンズ 4 0 0 0 0 1 0 0 0 5 13 0

14:00試合開始|メットライフ
第15回戦 7勝7敗1分|曇り 24.0℃|観客数:29,640人

vs千葉ロッテ 第15回戦

後半戦初戦は今井投手が先発。初回に失点しますが、打線が援護します。1回裏、中村選手の適時二塁打などで4点を奪い、すぐさま逆転に成功します。

しかし、今井投手が初回に続き2回も不安定な投球。自身の暴投などで3点を失い、4対4の同点とされます。その後は両軍とも投手が調子を取り戻し、緊迫した展開に。2回裏からスコアボードには0が並びます。

均衡が崩れたのは6回裏。二死1、2塁のチャンスで金子侑選手が適時打を放ち、1点を勝ち越します。
このまま逃げ切りたいライオンズでしたが、7回から登板した2番手のマーティン投手がつかまり、2点を奪われ逆転を許します。

3番手の武隈投手、4番手のヒース投手はそれぞれ1イニングを三者凡退で抑える好投を見せ、打線の反撃を待ちます。
打線は9回、二死2、3塁と一打サヨナラのチャンスを作るも、あと1本が出ず、惜しくも5対6で敗戦。シーソーゲームをものにすることが出来ませんでした。

試合ダイジェスト