2019/04/29(月)第6回戦

オリックス vs 埼玉西武

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  埼玉西武ライオンズ 2 0 0 0 1 0 0 0 0 3 9 0
  オリックス・バファローズ 0 0 0 2 1 0 0 2 X 5 7 0

13:00試合開始|京セラD大阪
第6回戦 4勝2敗0分|曇り 18.0℃|観客数:34,607人

vsオリックス 第6回戦

ライオンズは初回、二死3塁のチャンスで山川選手に11号2点本塁打が飛び出し、幸先よく先制に成功します。

先発は今季初先発の十亀投手。力強い速球とブレーキの利いた変化球で相手打線を翻弄します。

4回に追いつかれますが、5回に木村選手が適時二塁打を放ち、1点を勝ち越します。

その後再び同点とされるも、十亀投手は粘りのピッチングで7回3失点の力投。しかし交代直後の8回に勝ち越しを許し、そのまま3対5で敗戦。ライオンズは終盤チャンスを作るも生かせず、平成最後の試合を白星で飾ることはできませんでした。

試合ダイジェスト