2018/05/23(水)第8回戦

福岡ソフトバンク vs 埼玉西武

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  埼玉西武ライオンズ 0 0 0 0 1 1 0 0 0 2 7 0
  福岡ソフトバンクホークス 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 10 0

18:00試合開始|ヤフオクドーム
第8回戦 4勝4敗0分|曇り 22℃|観客数:36,717人

vs福岡ソフトバンク 第8回戦

連敗を止めたいライオンズ。先発のマウンドを託されたのは十亀投手です。
初回、先頭打者の安打や盗塁が絡み、1点を先制されてしまいます。

追いつきたい打線は5回、1アウトから秋山選手が初球を思い切り引っ張ってのソロ本塁打。
1対1の同点に追いつきます。
また、6回には1アウトから外崎選手の二塁打でチャンスを作り、スタメンマスクの岡田選手がセンターへの適時打を放ち、勝ち越しに成功します。

十亀投手は6回を投げきり被安打は9、奪三振3、失点1(自責点1)という粘りの投球を見せ、マウンドを中継ぎ陣に託します。
7回のマウンドには武隈投手、8回にはワグナー投手がそれぞれ登板します。両投手共に5月16日以来のマウンドでしたが、要所を締めた投球で相手打線に点を与えません。

9回、クローザーの増田投手がマウンドへ。
こちらもは5月13日以来の登板となりましたが、危なげない投球で3者凡退。
ライオンズが勝利を収め、連敗を2で止めました。

試合ダイジェスト