2018/05/01(火)第4回戦

オリックス vs 埼玉西武

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  埼玉西武ライオンズ 0 0 0 0 1 1 0 0 0 2 8 0
  オリックス・バファローズ 3 0 0 1 0 0 0 0 X 4 6 2

18:00試合開始|京セラD大阪
第4回戦 3勝1敗0分|晴れ 24℃|観客数:16,651人

vsオリックス 第4回戦

「ライオンズ・クラシック 2018」ユニフォーム着用で臨む、バファローズとの3連戦初戦。

先発の高木勇投手は初回に迎えた満塁のピンチで走者一掃の適時打を放たれると、4回には押し出し四球で追加点を許し、4回途中4失点で降板。
二死満塁でマウンドを引き継いだ小石投手が、先頭を打ち取る火消しをみせます。

打線は相手の先発・アルバース投手を捉えられず4回まで無得点。
しかし0対4で迎えた5回に先頭のメヒア選手が安打で出塁すると、続く木村選手の適時打で1点を返し、6回には浅村選手の適時打でさらに1点を追加。2対4と差を縮めていきます。

中継ぎの平井投手、野田投手はそれぞれ無失点の好投をみせるも、打線が好機を逃し7回以降無得点。
2点の差が遠く2対4で敗れました。

試合ダイジェスト