2018/04/13(金)第1回戦

楽天イーグルス vs 埼玉西武

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  埼玉西武ライオンズ 0 5 1 0 0 0 0 0 1 7 11 1
  東北楽天ゴールデンイーグルス 3 0 0 0 0 2 0 0 0 5 10 0

18:00試合開始|楽天生命パーク
第1回戦 1勝0敗0分|晴れ 10℃|観客数:22,176人

vs楽天 第1回戦

楽天との今季初カードの先発を託されたのは、自身2連勝中の菊池投手。初回に適時二塁打と2点本塁打を浴びて3点を失う苦しい立ち上がりとなりました。

先制を許すも、直後の2回に打線が奮起。この回先頭の山川選手から第4号ソロ本塁打が飛び出すと、その後も打線が繋がります。好調の炭谷選手が走者2人を還す同点適時二塁打を放ち、源田選手にも適時二塁打が出て2点を勝ち越し。この回一挙5点を奪い逆転に成功します。3回には相手のパスボールの間にさらに1点を追加。6対3とリードを広げます。

援護をもらった菊池投手は2回以降立ち直りを見せ、3回には3者連続三振を奪う快投を披露。しかし、6回に相手打線に捕まり2点を返され、6対5と点差を縮められてこの回いっぱいで降板します。

後を受けた平井投手、野田投手、武隈投手の中継陣が7,8回を無失点に抑えると、9回の攻撃では森選手がダメ押しの追加点を挙げて7対5に。最後は増田投手が締めて接戦を制しました。

ヒーローインタビュー



試合ダイジェスト