2016/09/27(火)第24回戦

埼玉西武 vs 北海道日本ハム

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  北海道日本ハムファイターズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1
  埼玉西武ライオンズ 2 0 0 0 1 0 0 0 X 3 7 2

18:00試合開始|西武プリンス
第24回戦 11勝13敗0分|曇り 28.1℃|観客数:27,158人

vs北海道日本ハム 第24回戦

優勝を目前としているファイターズとの対戦。初回、外崎の2試合連続となる2号2点本塁打で先制。5回には炭谷の1号ソロ本塁打で追加点を挙げます。一方の先発・岸は5回途中まで無安打に抑えるなど、7回無失点の好投。その後は牧田、増田とつないで完封勝ちを収めました。

【獅子のエースが意地を見せる】
岸は初回をわずか7球で3者凡退とすると、その後も走者を許すような気配がないほどの快投。5回には今日初めての安打を許しますが、続くレアードは内角をえぐる直球で見逃し三振に。土肥投手コーチの「ストレートのキレが素晴らしい」という評価どおりの投球を見せます。

3対0で迎えた6回、1死1,2塁のピンチで中軸を迎えますが、まずは陽を打ち取ると、続く中田には150キロの直球を見せたあと、変化球で空振り三振に。7回の2死2,3塁のピンチも切り抜け、終盤は要所でギアを上げて反撃を許しませんでした。優勝を目前としているファイターズ打線に対し、獅子のエースが意地を見せています。

【岸の女房役・炭谷がバットでも援護!】
岸の好投を引き出した捕手・炭谷が、バットでも岸を援護しました。2対0で迎えた5回、相手先発・吉川の高めの直球を思い切り引っ張った打球は、左翼席へ着弾する1号ソロ本塁打となりました。
今季、プロ通算1,000試合出場を達成し、次の節目に向けて気持ちを新たに戦う炭谷。岸との黄金バッテリーで息の合ったプレーを見せてきましたが、この日は打撃でも持てる力を発揮しています。

明日は菊池が中4日で先発登板。今季最終戦を勝利で飾るべく、力を出し切るつもりで戦いましょう!

今日のヒーローは、岸投手と炭谷選手のバッテリーです!

今日のヒーローはこの2人!
ファンとタッチを交わす岸
炭谷がビクトリーロードでタッチを交わす

-おふたり、おめでとうございます!

(岸、炭谷)ありがとうございます!

-まず岸投手、本当に岸投手らしいピッチングを見せられたんじゃないですか?

(岸)ファイターズの最近の試合を見ていて、抑えられるイメージがあまり湧いていなかったんですけど、銀(炭谷)がリードしてくれて、いい形で終われました。

-今日はせっかく2人にお立ち台に上がっていただきましたので、炭谷選手に伺いましょう。今日、岸投手はどんなところがよかったですか?

(炭谷)全部よかったです。初回から飛ばしていたと思うので。リードしやすかったです。

-バットでもいい援護ができましたね。

(炭谷)シーズンを0で終わりたくないと思っていたので、ちょっと狙っていました。

-投げていて、あのホームランはいかがでしたか?

(岸)もう1点この辺でほしいなと思っていたら、まさか銀がホームランを打つとは思っていなかったので。

-岸投手にとっては今シーズン最後の登板ということでいろいろな思いもあったと思います。

(岸)ケガで今年も抜けて、迷惑ばかりかけていたので、最後くらいはしっかりと投げたいなと思っていました。

-本当におふたりのバッテリーは、ゲームのテンポもはやいですし、大変締まった感じになると思うのですが、改めて、今シーズン最後の登板を受けて、お互いどう思ったかを伺いたいと思います。

(岸)ぼくのいいところを引き出してくれますし、ぼくもそれに応えたいと思っていつも投げています。

-炭谷選手はいかがでしたか?

(炭谷)そう言ってもらえて、すごく嬉しいです。

-今日、ファイターズの胴上げを目の前で見るということは、おふたりの活躍もあって避けました。

(岸)よかったです。

(炭谷)よかったです。

-ライオンズファンの皆さんにお礼も含めて、ご挨拶をいただけますか?

(岸)ありがとうございました。まだ明日もう1試合あるので、またお願いします!

-炭谷選手、まだ明日1試合残っています。

(炭谷)勝って終わりたいと思っていますし、今年は岸さんと組むことはこれが最後ですけど、来年以降も組ませていただければなと。

田邊監督コメント

(岸について)
エースらしい気迫のこもった素晴らしいピッチングでしたね。
今年一番と言っていいかもしれないですね。150キロも出ましたしね。
相手も優勝がかかっているチームですし、何とか阻止したいという気持ちが表れていましたね。

(外崎について)
一発に関しては意外でした。一発で仕留めてくれたのでナイスホームランでしたね。
もともとパンチ力のある選手なんで、スピードボールにも強いというところが彼の特徴でもあるし、いかんなくこの2試合で発揮してくれていると思います。

(炭谷について)
どうしても1点欲しいというところで、前のバッターが併殺に倒れて嫌な雰囲気だったんですけど、まさかの今シーズン第1号。本当に大きなホームランでした。

(明日の菊池に良い形でつなげた)
何とか菊池で勝って、ここでの胴上げを阻止したいと思ってますけどね。

(明日の試合に向けて)
泣いても笑ってもラスト1試合なんでね。ファンの皆さんと一致団結して、何とか勝ちにいきたいと思います。

試合ダイジェスト