2016/09/04(日)第22回戦

千葉ロッテ vs 埼玉西武

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  埼玉西武ライオンズ 3 0 0 0 0 1 0 0 0 4 7 2
  千葉ロッテマリーンズ 0 0 0 1 0 1 0 0 0 2 8 0

17:00試合開始|QVCマリン
第22回戦 9勝12敗1分|晴れ 28℃|観客数:25,848人

vs千葉ロッテ 第22回戦

「埼玉vs.千葉シリーズ2016」最終戦となったこの試合。
初回にメヒア33号3ラン、6回に中村18号ソロと2試合連続アベックホームランでマリーンズ先発・涌井から4点を奪い、試合を優位に進めます。
先発・ウルフは持ち前の打たせてとるピッチングで5回まで1失点。しかし、6回に打球が左足を直撃するアクシデントで降板。その後リリーフ陣がマリーンズ打線を抑えて、逃げ切り勝ちを収めています。

【一発攻勢!メヒア&中村2夜連続のアベックHR!】
前日の試合、8回表に1点差に詰め寄る32号3ランを放ったメヒアは初回、1死1・2塁の場面でマリーンズ先発・涌井からセンターバックスクリーンへ放り込む特大の33号3ランで先制します。
その後、立ち直った涌井の前に追加点を奪えなかったライオンズでしたが、6回表、今度は中村がレフトスタンドへ18号ソロ。主砲2人のバットから千葉の夜空を彩った連夜の「大花火」が、チームの勝利を呼び込むかたちとなりました。

【先発・ウルフ持ち味発揮し2勝目】
前回登板でライオンズでの初先発初勝利を飾ったウルフ。この日も5回まで15アウト中10個を内野ゴロでとるなど、持ち味を十分生かしたピッチングを展開します。
しかし6回裏。1死から連打でピンチを迎えると、6番・細谷の打球がウルフの左足を直撃。
その間に1点を失ったウルフは、そのまま降板したものの、リリーフ陣がマリーンズ打線を抑え込み2勝目をあげました。

次戦は9月6日、仙台に乗り込んで直上の敵・イーグルスとの対戦となります!

今日のヒーローは、メヒア選手です!

-ナイスホームランでした。

(メヒア)アリガトウゴザイマス!

-涌井投手とは今季9打数4安打と比較的相性が良かったのですが、初回の打席を振り返ってどうでしたか?

(メヒア)涌井投手はとてもいい投手だと思っているので、とにかく、ストライクゾーンに来たボールをしっかりと打っていこうと思っていました。ホームランを狙っていたわけではなかったのですが、結果的にはホームランになってくれましたし、先制点につながって良かったと思います。

-これで7試合連続ヒット。そして今季自己最多の4試合連続打点。状態は上向きですね?

(メヒア)そうですね。いつも状態が良いというわけではないですが、ここ最近はチームの勝利にも貢献できていますし、良い状態が続いているので。特に今週末は調子が良かったですし、またこれからもしっかりと打てるようにがんばりたいと思います。

-これで2試合連続ホームランで、ファイターズのレアード選手と2本差。打点は中田選手に2打点差の96打点。打撃2冠も射程圏内では?

(メヒア)中田選手もレアード選手もとても良いバッターだと思うので、なかなか難しいとは思いますが、今季は特に2人の選手とは良い競争ができていると思いますし、できれば抜ければ嬉しいですが、これからもがんばりたいと思います。

-最後にファンへのメッセージをお願いします。

(メヒア)メヒアサマサマヤ!

田邊監督コメント

先制して、追加点をとる展開に持ち込めたのが大きかった。
一発あるメヒア、中村がしっかりと結果を出した。

先発・ウルフは不運で途中交代となったが、打たせてとるピッチングを展開し、彼らしいピッチングだった。

試合ダイジェスト