2016.08.19 FRI
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
0
0
0
2
1
0
0
0
0
3
0
0
1
0
1
0
0
X
R
H
3
7
5
7

vs千葉ロッテ 第17回戦

本拠地・西武プリンスに3位・マリーンズを迎えての3連戦初戦。初回に秋山・中村の一発で3点を先制すると、4回には山川が特大の5号ソロ。さらに6回にも山川が2打席連続の6号ソロを放つなど、一発攻勢で4連勝。
先発・菊池も7回3失点の粘投で自身7連勝とし、今季9勝目をマークしています。

【初回に先制点をもたらした秋山・中村の一発!】
今日1番に入った秋山。初回、相手先発・石川の直球を振りぬくと、高々と舞い上がった打球は左翼席最前列へ飛び込む11号ソロに。「先頭バッターだったので、まずは塁に出ることだけを考えました。」と語った打席は最高の結果となり、チームに勢いをもたらします。

さらに5番・中村も初回に第1打席を迎えると、ど真ん中に入った直球を逃さず振りぬき、打球は右翼フェンスを越える14号2ランに。今日一軍登録され、7月29日以来の出場となった長距離砲が一振りで結果を出しました。

【山川が自身初の1試合2発!】
7番でスタメン出場した山川も、持ち前の長打力を存分に発揮し、勝利の立役者となりました。
まずは4回、1死走者なしの場面で甘く入ったシンカーを捉えた打球は打った瞬間にそれと分かる当たりとなり、特大の5号ソロでダイヤモンドを1周します。

そして6回の第3打席では、内角寄りの141キロ直球を豪快に引っ張り、打球はライオンズファンの歓声がこだまする左中間席へ。一進一退の攻防が続く中、貴重な6号ソロで追加点をもたらし、相手に傾きかけた流れを引き戻しました。
イースタンリーグで本塁打王を独走する山川が本領を発揮すれば、俄然打線に厚みが増します。今後もその打棒へ、大いに期待がかかります。

明日の先発は今季4勝目を狙う十亀。エメラルド一色に包まれる本拠地の声援を力に、4カード連続の勝ち越し、さらには5連勝をつかみ取りましょう!

今日のヒーローは、増田投手と山川選手です!

お立ち台で笑顔を見せるヒーローの2人
ファンとハイタッチをかわす増田
山川はビクトリーロードでファンに囲まれる

-見事、締めの20セーブ目!守護神・増田投手です!ナイスピッチングでした!
ボールの調子もよさそうですが、今日のピッチングを振り返っていかがですか?

(増田)2アウトまで取ってランナーを出してしまって、もう一個詰めが甘かったのかなと思います。

-しかし、そこでホームを踏ませないところが守護神という仕事ですよね。

(増田)がんばります。

-去年はセットアッパーとして、今年は守護神という立場ですが、どのような気持ちでマウンドに上がっていますか?

(増田)今年は最後を任されているので、最後にチームが勝てばいいと思って投げています。

-改めてその中で節目の20セーブという数字。いかがですか。

(増田)初めてなのであまり分からないですけど、もっと上を目指してがんばっていきたいと思います。

-今年守護神になってお立ち台に上がるのは?

(増田)初めてです。

-守護神でのお立ち台の景色はいかがですか?

(増田)え~……。いつもありがとうございます(笑)

-残りゲームも少なくなってきました。最後にファンの皆さんに明日以降のゲームに向けての意気込みを含め、メッセージをお願いします。

(増田)残り少ないですが、一戦一戦勝利を届けたいと思うので、これからも応援よろしくお願いします!

-次の登板も期待しています。

(増田)ありがとうございました!


-そして、見事なホームラン、山川選手です!ナイスホームランです!
1試合2本というのは?

(山川)初めてだと思います。

-いまのお気持ち、いかがですか?

(山川)本当に嬉しいです。

-ではまず、それぞれ振り返っていただきたいのですが、1本目、相手に点を取られた直後でした。

(山川)取られたあと、すぐに取り返せたのはよかったです。

-手応えとしては?

(山川)いったと思いました。

-そして2発目も見事な軌道でしたが、あのホームランにかんしては?

(山川)「いけー!」と思いました。

-今日にかんしては両方とも引っ張りでしたけれども、最近のバッティングを含めて調子はいかがですか?

(山川)出たり出なかったりなんで、本当にいつでも行ける準備だけではいつもやっているので、それが今日は結果に出てよかったです。

-今日は山川選手の尊敬する中村選手も復帰してきて、その偉大な先輩の前での中村選手の代名詞、おかわりホームラン。いかがですか。

(山川)全然勝てないです。

-ファンの皆さんは、そろってのおかわりを期待してると思いますよ。

(山川)がんばります!

-残りゲームも少なくなってきましたが、今後にかんして一言いただけますか。

(山川)一試合一試合、とにかく絶対勝つという気持ちでやっていきたいと思うので。はい!

-その言葉のとおり、チームとしても久しぶりの4連勝です。

(山川)最高です!

-最後にスタンドのライオンズファンの皆さんに明日のゲームに向けて、一言いただけますか。

(山川)明日も絶対勝ちます!また応援よろしくお願いします!

-明日も期待してます。

(山川)ありがとうございます!

ヒーローインタビュー動画

田邊監督コメント

(試合を振り返って)
雄星(菊池)がストライク先行のピッチングにならなくて不安だったけど、
3点に抑えてゲームを作ってくれた。
その中で初回、苦手の石川から何とか3点取って、こっちのリズムでゲーム展開ができた。
今考えると、山川の2本のホームランが大きかった。

(秋山の先頭打者弾について)
久しぶりにトップバッターに起用したけど、第1打席にホームランという形で結果を出してくれた。
チームとしては非常に勢いづいた。

(復帰の中村が本塁打)
少し長めの夏休みを取って、色も黒くなった。
変な言い方だけど、たくましくなって一軍に帰ってきてくれたね。
反対方向にホームランを打ったことは、離脱前と今の違いを感じた。

(山川の打撃について)
彼はチャンスで打ってくれないことがあった。ソロホームランが多い。
何とかランナーがいるときに打ってほしいという、欲張りな希望はある。
しっかり結果を出しているし、自分でレギュラーをモノにできるところまで来ていると思う。

(相手先発・石川について)
このところ苦手としているピッチャーに黒星をつけていて、打撃の方も活気がある。
ピッチャーを援護できるだけの打線を組んでいるので、何とかピッチャーを楽に投げさせたい。

(先発・菊池について)
不安定な部分もあったけど、力強い真っ直ぐと変化球でかわしていた。
少し納得していないかもしれないけど、勝ちが付いたので次回に期待したいね。

(牧田、増田のリリーフ陣の好投も大きい?)
マリーンズ戦はいつももつれるので、牧田もピンチを招いてまずいなという場面はあった。
でも何とか踏ん張ってくれたので、ウチの勝ちパターンで勝つことができたので良かったよ。

(投打の手応えについて)
残り試合も少ないので、目の前の一試合をチーム全員で一丸となって戦っていきたい。
良い流れを今、キープしています。

試合ダイジェスト

  1. トップ
  2. 試合情報
  3. ゲームレポート