2016/08/06(土)第19回戦

楽天イーグルス vs 埼玉西武

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  埼玉西武ライオンズ 2 0 0 0 0 0 1 1 1 5 9 1
  東北楽天ゴールデンイーグルス 2 0 0 4 1 0 0 0 X 7 12 1

18:00試合開始|Koboスタ宮城
第19回戦 8勝10敗1分|晴れ 27℃|観客数:21,747人

vs楽天 第19回戦

初回に2点ずつ奪い合い同点のまま中盤に入りましたが、4回に先発・十亀が痛恨の満塁弾を浴びてしまいます。それでも、終盤に金子侑の適時打、浅村の15号ソロ本塁打で反撃。9回には森に適時打が出て2点差とし、なおも満塁の好機が続きましたが、逃げ切られてしまいました。

【浅村が本塁打含む3安打を記録】
初回、相手先発・則本を攻め立て1死満塁とすると、5番・浅村が粘りを見せます。フルカウントからの2球、外角の厳しいコースを突く球に食らいつきファウルとすると、続く中に入ってきた球をしっかり打ち返します。打球は右方向へ飛び先制の犠飛に。このあとのプレーで失策が絡み、2点を奪いました。

浅村はその後も安打を重ね、本塁打を含む3安打を記録しています。

【仕事を果たした武隈の好救援】
先発・十亀が5回途中でマウンドを下り、なおもピンチが続くところで2番手・武隈が登板。追加点を許さず、大事な局面を切り抜けます。
続く6回も続投となると、相手の中軸に対し簡単に2死を奪います。さらに、この日2本の長打を打っているウィーラーには外角へのチェンジアップでタイミングを外し、空振り三振に。大きくリードを許す場面でも、集中力を切らさずに仕事を果たしました。

明日は、カード勝ち越しをかけた大事な一戦。なんとしても制したいところです。

田邊監督コメント

最後(9回)は粘ったが、今日は4回の4失点が痛かった。

先発・十亀は逆球が多くコントロールに苦しんだな。
今シーズンはコースを狙って投げても真ん中に集まって、それを強打される傾向が強い。
そこがこの防御率になっているんだろうな。

打線はというと、初回こそ四球、ヒット、犠牲フライで点を取ったが、その後は打ちあぐねた。

試合ダイジェスト