2016.06.27 MON
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
4
0
0
0
0
3
0
0
0
2
0
1
0
0
0
5
0
X
R
H
7
7
8
12

vs北海道日本ハム 第12回戦

初回から4点の援護をもらったエース・岸。序盤から再三ピンチを招く苦しいピッチングの中、味方打線の援護もあって4点リードで終盤へ。しかし7回裏、ファイターズ打線の猛攻に粘りきれず一挙に逆転を許し、久々の勝利をつかむことはできませんでした。

【エース・岸、「魔の7回」を粘りきれず…】
4月5日以来の3勝目をかけマウンドに上がったエース・岸。初回に4点のリードをもらったものの、味方のエラーなどもあって苦しいピッチングを展開。粘りながらもリードを保ったまま中盤を迎えると、再び味方打線が奮起しリードを広げて7回を迎えます。
しかし、連打と犠牲フライで1点を失った後、2死2塁の場面で岸自らが1塁へまさかの悪送球。その後、連続四球で2死満塁のピンチから、田中賢に同点打。さらにレアードに勝ち越し打を許し、この回一挙5失点で降板。岸にとっては「魔の7回」となってしまいました…。

打線は浅村を欠く中、初回に4番・メヒアの3ランなどで4得点。追加点が欲しい6回には、代打・鬼崎の適時打と金子侑の2点適時二塁打で再びリードを広げるなど、攻撃面では結果を残しているライオンズ。
今日は残念な結果となってしまいましたが、明日は2戦目となる新戦力・ポーリーノが先発。来日初勝利での連敗ストップに期待しましょう!

田邊監督コメント

岸は悪い中でもなんとか中盤まで3失点と投げてくれた。
その後のエラーが余計だったな。
それがなければどうってことはなかった。
なんとか岸に粘ってほしかったが、無駄な失点が多すぎた。

試合ダイジェスト

  1. トップ
  2. 試合情報
  3. ゲームレポート