2016/05/22(日)第9回戦

埼玉西武 vs 福岡ソフトバンク

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  福岡ソフトバンクホークス 0 0 1 0 0 2 0 0 1 4 6 1
  埼玉西武ライオンズ 0 1 0 0 1 0 0 0 0 2 6 0

13:00試合開始|西武プリンス
第9回戦 3勝5敗1分|晴れ 26℃|観客数:29,241人

vs福岡ソフトバンク 第9回戦

カード勝ち越しを懸けたホークスとの一戦。昨日に続いて1点を争う攻防となりましたが、9回に手痛い追加点を許すなど、終盤に試合をひっくり返すことができず敗戦。チームの連勝は3で止まりました。

【チームの逆転を信じて武隈が好リリーフ】
粘投をしていた先発・野上は、6回に逆転を許して降板しました。しかし、2対3と点差はわずか1点。前日も終盤に1点差を跳ね返していただけに、追加点を与えることだけは避けたい終盤の守りでした。

逆転への流れをつくる使命を受け7回に登板した2番手・武隈は、変化球が低めに集まり3者凡退に。続く相手の上位打線にまわる8回も続投すると、ここも3人で斬りました。任された仕事を完璧に果たし、ビハインドの中でも存在感を示しています。

【浅村とメヒアに一発が生まれる】
相手先発・武田から先制点を奪いたい打線は2回、この回先頭の5番・浅村が武田の甘い直球をとらえます。完璧にとらえた打球は左翼席の中段へ突き刺さる、先制の7号ソロ本塁打になりました。

その後1対1の同点となりますが、5回に再びリードを奪う一発が生まれます。3番・メヒアがカーブを思い切り引っ張った打球は、鋭いライナーとなって左翼席へ一直線。「フルスイングしました!」と振り返る16号ソロ本塁打で、勝ち越しに成功しました。

あさってからのイーグルス戦は、再びホームでの連戦となります。まずはその初戦を取って上昇気流に乗っていきましょう。

田邊監督コメント

(先発・野上は6回3失点)
壁だよね、そこが。6回終わって82球、球数はそんなに多くないのにね。
先制した直後のイニングに、下位に長打を打たれての失点。
そして、勝ち越した直後の6回は、9番バッターに三塁打。
そういうところはきっちりアウトにとっておかないと、苦しくなるよね。それまでいいピッチングしているのにね。
測ったように、点をとった直後の失点…。なんだろうね、力が入るのかね。
そのあたりを修正してこないと、ホークスはうしろのピッチャーが強いから、大量得点ということは
考えづらいのでね。
きっちりと、特に下位打線はきっちり抑えないと。

(攻撃面について)
タイムリーが出なかったね。ホームランの2点だけだからね。
もう少しチャンスで一本出ていれば、展開も違っていただろうしね。(武田は)いいピッチャーではあるけれどもね。

(対武田は10連敗となったが)
今日は、あることを徹底していこうということでやっていた。
2回裏、連打から満塁をつくった場面でそこはできていたんだけどね。そこで点が取れないと。
なかなかそういうことは続かないけど、そこで一気にいけないと。そういう攻めを今後もやっていければいいなと。

試合ダイジェスト