2016.05.08 SUN
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
0
0
0
2
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
2
0
2
X
R
H
2
8
6
13

vs北海道日本ハム 第8回戦

先発・野上は2点を先制されるも気迫の投球を見せると、中盤にメヒア、金子侑らの活躍で相手先発・大谷から逆転に成功します。その後は継投陣がリードを守り、8回には秋山の3号2点本塁打でダメ押し。6回に3者連続三振を奪った藤原が、自身2年ぶりの白星を挙げました。満員となったスタンドに応える勝利で、連敗を3で止めています。

【剛柔使い分けたメヒアが大谷から2打点!】
昨日まで2試合続けて安打が出ていなかった3番・メヒアでしたが、ファイターズのエース・大谷を迎え撃つ大事な一戦で打棒が復活します。0対2と先制を許した直後の4回、大谷の154キロの直球を右方向へはじき返して14号ソロ本塁打とします。

1対2で迎えた5回、2死1,3塁の好機でメヒアと大谷が再び対戦します。159キロの直球を空振り追い込まれますが、次の外角へ逃げていくスライダーに対応し、バットの先で打ち返しました。フワリと上がる打球が遊撃手の頭上を越え、同点の適時打に。剛柔使い分ける打撃で、大谷から2打点を挙げています。

【下位打線の2人が勝利を引き寄せる!】
2対2の同点で迎えた6回にも、打線が大谷をとらえます。2死2塁で打席に入った8番・金子侑が、高めに浮いた直球をフルスイング。鋭いライナーが中堅手の頭上を越える適時三塁打に。勝ち越しに成功すると、スタメンマスクでチームをけん引する9番・岡田も中前適時打で続き4対2としました。「ネコ(金子侑)に続こうと打席に入りました」と岡田が振り返ったように、つなぐ意識が大谷撃破をもたらしたといえるでしょう。

あさってから9試合の長期ロードに入ります。ここでさらに白星を積み重ねていきましょう!

今日のヒーローは、岡田選手、金子侑選手、秋山選手です!

本日のヒーローは打の3人
金子侑は値千金の勝ち越し打を放った!
試合を決める一発を放った秋山

-まずは、ナイスリードとタイムリーヒット!岡田選手です!
連敗を止める好リードもありタイムリーもありという活躍ですが、自分の中では何が一番嬉しいですか?

(岡田)自分ではなくて、野上さんたちピッチャー陣に良いピッチングをしてもらったので、本当によかったです。

-今シーズンの先発マスクは4回目。相手も大谷投手ということですから点はやれないという中だったと思いますが、どんな思いでリードしましたか?

(岡田)おっしゃるとおり、先に点数をあげたら負けてしまうと思っていましたが、攻撃陣にしっかり打ってもらえたのでよかったです。

-そして打席の方では勝ち越しのあと、すぐに4点目を挙げるというタイムリーがありました。

(岡田)その前にバントミスをしているので、ここで打たないとスタメンマスクはない、という思いでがんばりました。

-ファンの方も笑顔で迎えてくれています。本当にいい活躍になりましたね。

(岡田)自分がここに立ってていいのかと思うんですけど、本当にありがたいですね。

-さらに、今日は母の日ということでこのTシャツも着てらっしゃいますけど、お母さんへの思いはどうですか?

(岡田)良いお母さんです(笑) 今日は妻も来てくれているので、良い思いができました!

-このあともどんどんいきたいですね。

(岡田)そうですね。ここから連勝して、チームに貢献できるようにがんばっていきたいと思います。

-また期待しています。

(岡田)ありがとうございます!


-続いて、貴重な勝ち越しのタイムリーヒットがありました、金子侑選手です!
いいヒットでしたね。

(金子侑)ありがとうございます!

-追い込まれた状況で、そこまでスイングをかけずに、という打席でしたが、どんな狙いだったんですか?

(金子侑)前の打者の木村文さんの良いバントで、チャンスでまわしてくれたので、何とか打ちたいと思ってがんばりました。

-2アウトになっても、というところでしたね。

(金子侑)2アウトですけどチャンスだったので、よかったです。

-今日は最初の打席も、抜けはしませんでしたがいい当たり。タイミングが合っていたんじゃないかと思うのですが。

(金子侑)2打席目、3打席目といい結果になったので本当によかったです。

-連敗中はやや重苦しい展開もありましたが、これでチームも違った流れでいけそうですね。

(金子侑)この勢いで遠征するんですけど、どんどん勝っていきたいと思います。

-また期待しています!

(金子侑)はい!今日は母の日ということで、母親が見に来てくれているんですけど、こうやって野球ができるのも、この場に立てるのも母親あってのものだと思います。心から感謝したいと思います。いつもありがとうございます!


-最後に、大きなホームランがありました、秋山選手です!
ナイスホームランでした。

(秋山)ありがとうございます!

-今日、この母の日に活躍するというのは、秋山選手にとってどんな思いがありますか?

(秋山)去年からひとり親家庭の支援の一環として、球場に来ていただいて、その招待の1日目が今日でした。いい日に活躍ができてよかったです。

-やっぱりこういうときは気持ちも乗るものですか?

(秋山)乗るというよりは、やらなきゃいけないという責任感の方が大きくなって。1,2打席目がダメだったので、本当になんとかしなきゃいけないなと思ってやっていました。

-ヒットの方も同点に結びつく貴重なものでしたし、あのホームランも相手の戦意をそぐようなものだったと思います。

(秋山)いい形でつないでもらってましたし、相手ピッチャーも大谷くんで崩しづらいところがあったので、みんなで一丸となって戦えたんじゃないかと思います。

-ファンの方は、この勝利の瞬間を待っていたと思います。最後に一言お願いします。

(秋山)ゴールデンウィーク最後になってしまいましたけど、負けている中でもホーム6連戦で応援してくださったファンの方々に、勝利を届けられました。これからも勝ちを重ねてがんばっていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします!

ヒーローインタビュー動画

田邊監督コメント

(難敵・大谷投手を打っての連敗ストップについて)
昨シーズンは結構負け越しているので、今年は何とかしようと野手がいい攻撃をしてくれたので良かったですね。

(逆転劇を演じた打撃陣について)
なんとか1点でも取りにいこうというところで、特に下位打線が良くつないでくれたと思います。

(今日の投手陣について)
ここ何試合かは先発投手が耐え切れずに失点するケースが多かったところで、今日は守りのミスもあって2点取られましたけれども、そこでなんとか踏ん張ってくれて、野手の方もそれをいい形で点に結び付けることができた。今日は本当に投手陣の踏ん張りが良かったですね。

(本日の「LIONS HAPPY MOTHER'S DAY」の雰囲気について)
満員のお客さんの中で選手たちが何とか奮起して、一矢報いるためにも同一カード3連敗は何とか阻止しようということで、ファンの皆さまの声援を受けて選手たちはよくやってくれました。

(次のゲームに向けての意気込み)
まだ借金があるので、一つ一つ勝って返していきたいと思います。

試合ダイジェスト

  1. トップ
  2. 試合情報
  3. ゲームレポート