2016.05.05 THU
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
0
1
4
0
2
0
0
0
0
0
1
0
0
2
2
0
0
0
R
H
7
9
5
8

vsオリックス 第9回戦

こどもの日となる今日、3万人を超えるスタンドの大声援に応えたい一戦でしたが、先発・十亀がリズムに乗れずリードを広げられ、5回途中で降板。その後は金子侑と竹原の一発で追い上げ、3番手・藤原も2イニングスを無失点とするなど反撃ムードをつくるも及ばず、カード勝ち越しはなりませんでした。

【金子侑の飛球はビデオ判定の結果…】
1対7と大きくリードされますが、選手たちはあきらめることなく攻め続けます。5回に走者を1人置いて登場した9番・金子侑は、相手先発・近藤一の高めに浮いた球を振り抜きます。打球は左翼ポール際へ飛び込み、ビデオ判定となるも2点本塁打が認められました。嬉しい今季第1号に「次につなごうという気持ちで強く振った結果です」と振り返った金子侑。定位置奪取へ、しっかりアピールしました。

【スタメン起用に応えた竹原の一発】
金子侑の一発で4点差に詰めて迎えた6回、相手は継投に出て岸田を送りますが、このタイミングに反撃の機会を見出します。走者を1人置いて打席に入ったのは6番・竹原。前の打席でも強い当たりを放っていましたが、ここでも手応えある打撃を見せました。内角へ入る直球を引っ張り、弾丸のようなライナーが左翼席へ突き刺さる2点本塁打に。古巣を相手に移籍後第1号となる一発を放ち、5対7に詰め寄りました。「こどもの日なのでこどもに喜んでもらえたらうれしいです」と振り返ったように、スタンドも大きな歓声を上げました。

明日から始まるファイターズとの3連戦も、西武プリンスで行われます。その初戦に先発登板する高橋光成が、今季初勝利を挙げたいところです。

田邊監督コメント

(十亀について)
せっかく同点に追いついて、これから反撃のムードを作ろうというときに4点入れられた。
あそこは断ち切れる場面だった。
2回のホームランも2ストライクからの3球目。せっかく追い込んでいるのに遊べない。
そこが今、十亀が調子に乗り切れないところがある。
次の回の4失点のところでも1塁ベースカバーに遅れた。過去にも何度もあったのに続けてしまった。
投げることしか頭にない。ネクストプレーを考えていない。それで無駄な1点を与えてしまった。
打線も追い上げたけれど、そう簡単に5点、6点と取れるわけではない。
先発ピッチャーが踏ん張って我慢してほしい。

試合ダイジェスト

  1. トップ
  2. 試合情報
  3. ゲームレポート