2016/04/10(日)第3回戦

千葉ロッテ vs 埼玉西武

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  埼玉西武ライオンズ 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 6 1
  千葉ロッテマリーンズ 0 1 3 0 0 0 0 0 X 4 6 0

13:00試合開始|QVCマリン
第3回戦 2勝1敗0分|晴れ 22℃|観客数:19,090人

vs千葉ロッテ 第3回戦

チーム6連勝と自身の来日初勝利をかけて、バンヘッケンが先発のマウンドへ。
幸先良く2点を先制したものの、3回裏にマリーンズ・ベテラン井口に逆転3ランを打たれ、敗れてしまいました。

【バンヘッケン、ベテランの一振りに泣く・・・】
来日初勝利をかけ3度目の先発マウンドに上ったバンヘッケン。1点差に詰め寄られた3回裏。2死2塁からマリーンズ5番・角中に対し、フルカウントからアウトローの変化球を見極められてフォアボール。1・2塁となって、この日今季初スタメン出場となったマリーンズ・井口に、アウトローの変化球をうまくすくわれた打球は、ライオンズファンが見守るレフトスタンドへ・・・
このあとはマリーンズに得点を許さなかったライオンズ。バンヘッケンはベテランの一振りに泣いた形となってしまいました。

【打順変更もあと1本が出ず・・・】
前日とは打順を入れ替えて、試合に臨んだライオンズ。
初回は中村&メヒアの連続タイムリーで2点を先制。しかし、2回以降チャンスは作るものの無得点。4回以降は投手陣が踏ん張り、マリーンズ打線をゼロに抑えていただけに、田邊監督も「あと1本が出れば」と試合後振り返っていました。

これでチームの連勝は5でストップ。ただ田邊監督は「今週は4勝1敗と上出来の成績。明日1日休んであさってからのホークス戦に全力で臨みたい」と、次戦へ気持ちを向けていました。

田邊監督コメント

先発・バンヘッケンだが、今日はボールが先行した苦しいピッチングになってしまった。
もう少しストライクが先行していたら変わったピッチングになっていたかもしれない。

攻撃面ではチャンスにもう一本でればなあという展開だった。
バッター鬼崎の場面で2回強行策で行ったのは、なんとかつないで3、4番で
得点につなげたいという考えからだった。

今日は負けはしたが、今週は4勝1敗という成績で上出来だ。
明日1日休んであさってからのホークス戦に全力で臨みたい。

試合ダイジェスト