2015/08/05(水)第15回戦

楽天イーグルス vs 埼玉西武

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  埼玉西武ライオンズ 1 0 2 0 0 0 0 0 3 6 13 1
  東北楽天ゴールデンイーグルス 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 6 0

18:00試合開始|Koboスタ宮城
第15回戦 10勝5敗0分|晴れ 31℃|観客数:18,264人

vs楽天 第15回戦

ついに長いトンネルを抜けました。この日のイーグルス戦は序盤から投打で主導権を握り、6対1で勝利。7月14日以来の白星となりました。連敗ストップの立役者となった先発・菊池と救援陣の投球を振り返ります。

菊池は立ち上がりから飛ばしていきます。150キロを超える直球でイーグルス打線に対峙。4番・中村の適時打などで援護をもらう中、序盤3回までに5つの三振を奪うなど無失点に抑えます。横田投手コーチも「特にまっすぐには、菊池らしい力がある投球が出来ている」と太鼓判。力で押す投球を期待していきます。

3対0で迎えた4回裏には、一発のあるペーニャに対し、8球中7球で直球を選択。詰まらせて飛球に打ち取ります。その後も好投を続ける菊池は、5回、6回と打たせて取る投球。中盤の3イニングスを3者凡退に抑えます。

快投を続ける菊池は7回裏のマウンドにも上がりますが、2人の走者を置きここで降板。6回2/3を投げ92球、被安打5、奪三振5、与四球2、無失点という好投を演じました。

菊池の後は、2番手・増田がピンチをしのぎ無失点に。8回裏には3番手・高橋朋が登板し、3人で片付けて仕事を果たすと、6対0で迎えた9回裏は4番手・牧田がマウンドへ。失策が絡み1点を失いますが、落ち着いて3つのアウトを奪い勝利で締めています。

また、1番・秋山が9回表に10号ソロ本塁打を放ち、これで3安打。今季22度目の猛打賞とし、シーズン猛打賞回数の球団新記録となっています。球団記録を持っていた現イーグルス・松井の前での達成となり、また一つ歴史を刻みました。

明日も勝って連勝をスタートさせ、星を取り返していきましょう!

今日のヒーローは連敗ストップの立役者、菊池雄星投手です!

-おめでとうございます!

(菊池)ありがとうございます。

-チームとしては7月14日以来の勝利ということで、今の心境をお聞かせ下さい。

(菊池)なかなか勝てずに悔しい日々が長く続いていたんですけど、やっと勝ってホッとしています。

-苦しいチーム状況の中、今日は地元・岩手のお隣、宮城でのマウンドとなりました。どんな心境でマウンドに上がられたんでしょうか?

(菊池)東北は好きなので。友達とかも来てくれて、その中で投げられて良かったです。

-今日は7回途中無失点という内容でしたが振り返っていかがでしたか?

(菊池)ファインプレーとか、いい打球が正面に飛んでくれて。助けてもらいながらやりました。

-宮城で2年ぶりのマウンドでしたが、これで宮城では負け無しということになります。

(菊池)そんな投げてないんで(笑) 4試合ぐらいしか投げてないです。

-菊池投手自身も1ヶ月ぶりの6勝目、調子などいかがでしょうか?

(菊池)こういう勝ち方ができたので、ここから自分もチームも波に乗っていければいいなと思います。

-地元の皆さんも大勢駆けつけてくれたと思います。改めてファンの皆さんに一言お願いします。

(菊池)まだまだ上位を目指す可能性は十分にあると思うので、ファンの皆さんも一緒に応援よろしくお願いします!

-ありがとうございました。今日のヒーロー、菊池雄星投手でした!

田邊監督コメント

1つ勝つことが長かった。こんな思いは初めて。
選手が前向きに戦ってくれた。評価したい。

菊池はパワーピッチングをしていた。
彼らしいピッチングだった。
球数少なく、早めに勝負する。
7回は左足のまめがつぶれて交代した。

外崎は、足とパンチ力がある。
ショートのポジションを固定しつつある。

負けが長いと打順など、いろいろと考えた。
いい方向にいかないとまた考える。
いい経験として、残りの試合に活かしていきたいね。

試合ダイジェスト