2015/05/28(木)第3回戦

巨人 vs 埼玉西武

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  埼玉西武ライオンズ 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 6 0
  読売ジャイアンツ 0 1 0 3 0 0 0 0 X 4 11 0

18:00試合開始|東京ドーム
第3回戦 1勝2敗0分|曇り 24℃|観客数:44,348人

vs巨人 第3回戦

ジャイアンツとの今カード最終戦。打線がつながりに欠け、リードを許し続ける展開に。9回に中村の12号ソロ本塁打で意地を見せるも、1対4で敗戦となりました。この日は、西口が2013年以来の先発マウンドに上がっています。

初回の西口は伝家の宝刀・スライダーを多投。打たせて取り3人で片付ける好発進を見せます。続く2回裏はアンダーソンに低めの変化球をすくわれ本塁打とされるも、これで動じることはありません。続く3回裏も低めに球を集めて3者凡退に。「久しぶりの先発だが、経験豊富なピッチャーだけに、ここまでキッチリと投げている。特にまっすぐが思ったよりスピードが出ている」と横田投手コーチも評価します。

この状態を維持したまま中盤に入りたい西口は、4回裏も簡単に2死を奪います。しかし、ここから4連打を許してしまい、3点を追加されます。

この日の西口は、4回を投げて4失点。敗戦投手となり、2012年以来の白星とはなりませんでした。しかし、自身も「出来はそんなには悪くはなかった。2アウトからの粘りのピッチング、ここを今後大事にしていきたい」と振り返るように、好投する場面も見られました。次回こそは復活を印象づけたいところです。

明日から始まるタイガースとのカードは、ホームでの3連戦となります。先発・牧田が猛虎打線を翻弄し、勢いをつくりたい!

田邊監督コメント

西口は久しぶりの登板。
失点は覚悟していたが、自分のピッチングをしてくれた。
それに打線が応えることが出来なかった。

次は無くはないけど、郭との兼ね合いになると思う。
近いうちに岸もあがってくると思うので。