2012/10/04(木)第24回戦

楽天イーグルス vs 埼玉西武

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  埼玉西武ライオンズ 0 1 0 0 1 0 0 0 3 5 10 2
  東北楽天ゴールデンイーグルス 4 0 0 1 0 0 0 0 0 5 8 1

18:00試合開始|Kスタ宮城
第24回戦 12勝10敗2分|晴れ 21℃|観客数:16,240人

vs楽天 第24回戦

2位の座を死守するためにも、10連戦最後、そして今季最後となるイーグルス戦で勝利を収めたい一番は、初回から相手に猛攻を許して4点を先制される苦しい展開。しかし、2対5となって迎えた9回表に2死から3者連続適時打が生まれ、土壇場で5対5の同点に追い付きます。渡辺監督も「どう見ても負けの可能性が高いのに、よく3点取ったね」と驚くほどの執念で、勝負を引き分けに持ち込みました。

初回に先発出場の捕手・炭谷がクロスプレーで負傷退場となり、急きょマスクをかぶった上本。守備でチームをまとめて試合を引き締めると、打撃でも久しぶりの安打を記録しました。

0対4で迎えた2回表に1死1,3塁として打席に入ると、相手先発・ダックワースに対して内野へのゴロとなるも、全力疾走で併殺を阻止。この間に3塁走者がかえり、反撃となる得点を演出します。

4回表には、左中間を破る二塁打を放って好機を演出。自身8月30日以来となる安打は、上本らしい当たりの長打となりました。9月は代打で出番がありながらも結果を残すことができず、苦しい時期となっていましたが、今日の活躍を機に、勝負強い打撃を取り戻しましょう。

また、2番・秋山が今季10度目の猛打賞を記録しています。

初回に内野安打、7回表に右翼線への鋭い安打を放った秋山は、2対5で迎えた9回表に1死1,2塁の場面で守護神・青山から左前安打を放ちます。本塁を狙った2塁走者はブロックに阻まれ惜しくも得点を奪えませんでしたが、秋山はこの安打で猛打賞を記録します。

規定打席に到達した秋山は、今日の試合を終え打率.296。リーグ打率ランキングでは6位に位置しています。昨年から才能の片鱗を見せてきた若獅子が、名実ともにリーグを代表する選手へと成長しつつあります。

そして、秋山の猛打賞の後に、ここから打線が執念を発揮。2死1,3塁で3番・ヘルマンが適時打を放つと、4番・中村も適時打を放ち3試合連続打点で1点差に詰め寄ります。押せ押せムードの中、続く5番・オーティズが詰まりながらも気持ちで打球を右前に運び、3者連続適時打で5対5の同点に。クリーンアップが青山を打ち崩し、勝利に等しい引き分けに持ち込みました。

厳しい日程となった10連戦を終え、レギュラーシーズンも残り2試合となりました。次回は10月6日、西武ドームでのレギュラーシーズンホーム最終戦です。今季限りでの引退を迎えた平尾、佐藤、大島の3選手を白星で送り出すためにも、全てを出しきる気持ちで戦いに臨みましょう!

渡辺監督コメント

9回3点差、どう見ても負けの可能性が高いのに、よく3点取ったね。
引き分けでマジックが減るので、そちらを取った。

中島は体の状態を確かめながらだけど、出場させた。
炭谷は検査の結果、脳には異常がなかったので良かった。

あと2試合、良い試合をしたいね。