2012/09/23(日)第22回戦

埼玉西武 vs 北海道日本ハム

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  北海道日本ハムファイターズ 0 0 0 0 0 2 2 0 2 6 10 1
  埼玉西武ライオンズ 1 0 0 0 1 0 0 0 0 2 8 3

13:00試合開始|西武ドーム
第22回戦 12勝8敗2分|雨 18℃|観客数:33,915人

vs北海道日本ハム 第22回戦

今日勝てば首位再浮上となる天王山第3ラウンド。ドームの外で雨が降りしきる中、スタンドを埋め尽くすほど大勢のファンが駆け付け、異様な空気の中で大一番が始まりました。初回に中村の適時打で先制するなどし中盤まで2対0とリードしますが、中盤以降に中田と糸井に本塁打を許すなどし、2対6で逆転負けを喫しました。

杉本投手コーチが「いつも以上に使命感があって強い気持ちでマウンドに立っている」と話したように、先発・岸が大事な試合にも臆することなく、気迫の投球を演じました。

初回こそ緊張からか2死満塁の場面を迎えますが、続く小谷野をこん身の直球で打ち取りピンチを脱出します。

その直後に先制に成功し勇気をもらった岸は、大きく曲がるカーブで相手打線を翻弄して2回表、3回表と続けて3者凡退。試合前半を見事無失点で切り抜けました。

しかし、2対0で迎えた6回表。バックのミスも絡んだところで中田に同点2点本塁打を打たれると、7回表には2死2塁とされたところで降板。6回2/3を投げてベンチへ下がる岸に、スタンドからは拍手が送られました。結果的に敗戦投手となったものの、勝利への強い気持ちを感じさせる熱投でした。

序盤の主導権を握る原動力となった打線にも注目しましょう。

初回に相手先発・中村の制球が定まらないところを攻めて1死1,2塁とし、打席には4番・中村。高めに浮いた直球を見逃さずに引っ張り、三遊間を抜ける適時打とします。今カードここまで安打が出ていない主砲のバットが先制打を生み出し、早くもスタンドの熱気が高まりました。

また、9番・左翼手で先発出場した斉藤が自慢の足で好機を演出。2回裏と4回裏の安打は、それぞれたたきつけての二塁内野安打としました。快足を持ち味とし、たたきつければ何か起こることが強みの斉藤は、今日の試合を含めた今季5安打のうち、4安打が内野安打。今後も足を生かした打撃で好機を演出しましょう。

今日の一戦には敗れたものの、首位決戦のカードを勝ち越して終えました。渡辺監督も「この3連戦でみんなすごく気持ちが入った試合ができた」と収穫に手応えを感じています。明後日から始まる西武ドームでの対イーグルス3連戦は、「西武鉄道創立100周年記念ユニフォーム」を再び着用しての試合。期間中の8月17~19日のイーグルス戦では同一カード3連勝を果たし、興奮の渦に巻き込みました。その時の感動を今一度呼び起こし、頂点へ勝ち進みましょう!

渡辺監督コメント

(岸は)良い形はできていたけど、点を取ってもらった後に攻めのピッチングができてなかったというか完璧に守りに入っていた。5回までは良い形で抑えていたけれど、2点目が入った後にいきなり守りに入ってカウントを悪くしていた。

ランディ(ウィリアムス)も、7回は糸井との勝負でしっかりいかなくちゃいけない。最後打たれてから良いボールが入ってもちょっと遅い。やっぱり初めのバッターが大事なので、そういう場面をいつも言うようにマックスでいけるようにしないと、こういう結果になってしまう。

(打線は)序盤にもう少し攻められたと思うんだけど、ちょっともったいない攻撃だった。

一番は3連勝ができれば良かったけれど、まずは2勝1敗という結果で踏ん張ったと思う。明後日からは楽天戦になるけど、この3連戦でみんなすごく気持ちが入った試合ができたので、次の楽天戦も同じ気持ちでいってほしい。