2012/07/15(日)第10回戦

オリックス vs 埼玉西武

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  埼玉西武ライオンズ 2 0 0 0 6 0 0 0 0 8 12 1
  オリックス・バファローズ 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 8 1

13:00試合開始|ほっと神戸
第10回戦 6勝3敗1分|曇り 28℃|観客数:14,352人

vsオリックス 第10回戦

勝てば勝率5割に到達するバファローズ戦。2対2の同点で迎えた5回表に浅村の3点適時三塁打などで6点を奪うビッグイニングを作り、8対2で快勝しました。

今日はチームを快勝へ導いた打の立役者、ヘルマンと浅村の活躍に注目しましょう。

初回、相手先発・小松に対して3番・中島の安打などで2死2,3塁とし、5番・ヘルマンが打席へ入ります。ここでカウントは3-0となりますが、次の外角への直球を右方向へはじき返し、鋭い打球が一二塁間を抜ける先制の2点適時打となりました。「早い段階で得点を挙げられて良かったよ。牧田はいいピッチャーなので、どんどん得点してサポートしていくよ」と話したヘルマン。チームメートを思いやる打撃で自身6月30日以来の打点を記録し、先発・牧田の今季7勝目をアシストしました。

2対2と追い付かれた直後の5回表にも、ヘルマンは勝ち越し適時打を放ち3対2。これで小松を降板させ、この後の大量得点を呼び込む一打となりました。

ヘルマンが呼び込んだ5回表のビッグイニング。そこで勝利を決定付ける一打を放ったのが、8番・浅村でした。

ヘルマンの適時打の後、7番・大崎の押し出し死球で4対2となり、なおも1死満塁で出番が回ってきた浅村。今季ここまで満塁時6打数4安打と満塁に強い男がここでも勝負強さを見せます。3番手・香月の外角へのシュートを右方向へはじき返すと、鋭い打球が中堅手の横を破っていく走者一掃の3点適時三塁打に。「自分のエラーで同点に追い付かれたので、何とか打って返そうと思っていました」と振り返った浅村。責任感の強さが好機での勝負強さを生み出し、今季初となる猛打賞も記録しました。

また、先発・牧田の後を受けた菊池は4イニングのロングリリーフ。60球、被安打4、奪三振1、無四球、無失点と素晴らしい救援でプロ初セーブを記録しました。他にもルーキー・永江が9回表に代打でプロ初出場。三振に終わるも、その後の守備では三遊間へのゴロを軽快にさばきました。

ついにチームは勝率5割に到達。明日から札幌ドームで行われるファイターズ戦でも勢いに乗って勝利し、貯金生活に入りましょう!

今日のヒーローは3安打3打点の活躍の浅村選手です!

-ナイスバッティングでした!

(浅村)ありがとうございます。

-5回のあの第3打席。2点を勝ち越してから、なおもランナー満塁。どんな気持ちで打席に立ったのですか?

(浅村)その前の回にミスでピッチャーに迷惑掛けたんで、チャンスで回ってきて、バッティングで返さないといけないと思いました。

-打球は右中間を抜けて走者一掃のタイムリー3ベースヒット!打った気持ちはどうでした?

(浅村)とりあえずほっとしています。

-これが今シーズン初の猛打賞となります。

(浅村)自分のバッティングができていなかったので、これを良いきっかけにこれからも打ちまくりたいと思います!

-地元関西でのヒーローインタビューですが、気持ちはどうですか?

(浅村)本当に最高ですね!

-チームは今シーズン初めて勝率5割を果たし、上位進出も見えてきました。まだまだ明日からも試合が続きますが、ファンに向けて力強いメッセージをお願いします。

(浅村)前半戦も残りわずかなので、残りの試合全勝して後半戦に向かいたいと思います!

渡辺監督コメント

借金はなくなったけど、オールスターまではあと2試合あるからね。

今日は取られた後にしっかり点が取れて、ゲームを支配できた。

浅村はしっかりセンター方向に打っていた。ミーティング通りだね。

牧田は指先が少し切れた。むけたわけじゃない。

牧田の後、菊池はいいテンポで投げてくれたね。