2012/06/30(土)第10回戦

埼玉西武 vs 北海道日本ハム

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  北海道日本ハムファイターズ 0 0 2 0 0 3 0 0 0 5 13 0
  埼玉西武ライオンズ 0 0 0 0 0 9 0 1 X 10 12 1

14:00試合開始|西武ドーム
第10回戦 6勝4敗0分|晴れ 25℃|観客数:24,049人

vs北海道日本ハム 第10回戦

中盤までに5点を失うも、6回裏に打線が猛攻を仕掛けて一挙9得点。8回裏にも中島の猛打賞となる7号ソロ本塁打で加点し、10対5で大逆転勝利を演じました。

今日は打線が相手先発・吉川の前に中盤まで得点を奪えませんでしたが、0対5とリードを広げられた直後の6回裏に「力を出しきる」プレーで猛攻を展開しました。その痛快な逆転劇を振り返りましょう。

この回先頭の栗山が四球で歩くと、中島とオーティズが連打を放ち1死満塁。ここで浅村が適時打を放ち、反撃ののろしを上げます。すると、続く大崎は痛烈な当たりの2点適時二塁打を放ち3対5。代打・カーターは四球を選んで再び満塁とし、ついに吉川をマウンドから引きずり下ろします。これで手を緩めない打線は、2番手・森内にも襲い掛かります。代打・星秀が4試合連続安打となる適時打を打つと、片岡はキッチリ左犠飛を放ちついに5対5の同点。怒とうの反撃にスタンドのボルテージも高まります。

これで打者一巡となってこの回2度目の打席を迎えた栗山が再び四球を選んで満塁とし、打席にはヘルマン。フルカウントから粘って9球目の直球を捉えると、ヘルマンは確信したような表情で1塁へ歩き出します。痛烈な飛球が大勢のファンの待つ左翼席に飛び込み、来日初の本塁打がなんと勝ち越し満塁弾に。「粘り強く打席に立っていたので全ての球種が見れていました。落ち着いて、しっかりボールを見極めてスイングしました。最高です」と振り返ったヘルマン。「常に100%でプレーする」スタイルが、勝利へ導く貴重なグランドスラムを生みました。

今日の勝利で6月を13勝7敗1分とし、今季初となる月間勝ち越し。さらにホークスが敗れたため、4位に浮上しました。明日は「ライオンズ・クラシック 2012」と題し、ライオンズの監督、コーチ、選手が稲尾和久氏の永久欠番「24」を付けてプレーします。今季初登板初先発となる菊池をはじめ、全員が永久欠番の魂を背負って戦いましょう!

今日のヒーローは、浅村選手とヘルマン選手です!

-まずは、6回の9得点の中で大きく流れを変えてくれました、浅村選手です。

-良い流れで打席が回ってきましたね?

(浅村)そうですね。はい。

-前の2打席は結果が三振でした。追い込まれてからの変化球を空振りしていましたが、あの打席は積極的に打っていきました。どんな風に気持ちを切り替えたのでしょうか?

(浅村)チャンスだったので、積極的にいこうと考え直しました。ここで流れを切ったらダメだな、と思って。とにかく意地で打ちました。

-その意地のこもった打球が抜けていきましたね?

(浅村)ホッとしました。

-あの打席に向かうアプローチの中でも、何かいろいろ考えながらいったのでしょうか? それとも無心でいったのでしょうか?

(浅村)いや、もう無心です。

-無心の一振り。手応えはいかがでしたか?

(浅村)久しぶりに良い当たりでタイムリーを打てたので、非常にうれしかったです。

-その後も、仲間たちがよくつなぎましたね!

(浅村)そうですね。ビッグイニングになって良かったと思います。

-良い流れで明日の「ライオンズ・クラシック 2012」に臨めるのではないですか?

(浅村)非常に良い勝ち方をしたと思うので、また明日から頑張りたいと思います。

-明日以降、活躍を期待するこれだけの拍手に応えてください!

(浅村)頑張ります!


-そして、あのビッグイニングでトドメのホームランを放ってくれました、ヘルマン選手です!

-来日初ホームランがグランドスラム。おめでとうございます。

(ヘルマン)初めてのホームランが逆転につながって、とてもうれしく思っています。

-6回の素晴らしいホームランの前、同じイニングに打席がありました。そこでは初球を打ってのショートゴロ。みんながつないで回してくれた次の打席、今度はよく粘りましたね?

(ヘルマン)打席に立っている時は、我慢強く自分の打てる球をしっかり待ち、それできた球を振り抜きました。

-フルカウントからファウルで粘っていきました。最後に捉えたのはストレートだと思いますが、あれは狙っていましたか?

(ヘルマン)満塁でフルカウントまで追い込まれていたので、ストライクを投げてくると思っていました。そこにストライクがきたので思い切り振り抜きました。

-打球が飛んだ瞬間、手応えは十分という表情をされてましたが?

(ヘルマン)当たりが良かったので、打った瞬間ホームランだという感触がありました。

-明日のゲームは「ライオンズ・クラシック 2012」という歴史をたたえる試合になりますけれども、ライオンズの歴史の中の1ページにホームランを刻みました。

(ヘルマン)それは素晴らしいですね。

-明日の「ライオンズ・クラシック 2012」に向けて、さらに今シーズンこの後に向けて一言お願いします。

(ヘルマン)明日も100%の力で戦うので、ファンの皆さんも球場まで足を運んで引き続き応援をお願いします!

渡辺監督コメント

5点差をつけられて非常にしんどいところで、選手が諦めずに自分たちの仕事をそれぞれがこなしてくれたと思います。

(ヘルマン選手のグランドスラムは)同点だったので何とか逆転打を打ってほしいところだったんだけれど、ホームランはびっくりしましたね!

(今季2度目の2ケタ得点について)こういう試合展開だったので、なんとかこの試合をものにしたいね。最後にはナカジ(中島)も貴重な1点を取ってくれましたし、ピッチャーも抑えましたし、非常に良かったと思います。牧田が5失点という内容だったんですけれど、いつも彼はしんどいゲームで投げているので、今日は野手からの勝ち星のプレゼントだったと思います。

(明日のメモリアルデーは)稲尾デーということですし、全員が24番を背負ってゲームをするわけですから、稲尾さんに向けて恥ずかしくない試合をしたいと思いますし、初登板の菊池がどういうピッチングをするか楽しみにしています。