2012/06/06(水)第4回戦

埼玉西武 vs 中日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  中日ドラゴンズ 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 9 1
  埼玉西武ライオンズ 0 1 1 0 1 0 0 0 X 3 6 0

18:00試合開始|西武ドーム
第4回戦 2勝2敗0分|曇り 18.1℃|観客数:15,797人

vs中日 第4回戦

効率の良い攻撃で中田賢から3点を奪い、継投で逃げ切って連勝。ドラゴンズとの今季対戦を2勝2敗の五分で終えました。

先制点を呼び込んだのは、5番・秋山でした。2回裏、1死から落ちる変化球をはじき返すと、打球は中堅手の前に抜ける安打となります。その後敵失の間に3塁に進み、7番・大崎の浅い飛球を見て思い切り良くスタートを切ります。左翼手からの返球がそれる間にホームイン。昨日久々の猛打賞を記録して勢いに乗る若獅子が、好走塁でチームを鼓舞します。

2点目をたたき出したのは、3番・中島でした。3回裏、2死2塁から甘く入ったスライダーを中堅手の前に運ぶ適時打を放って、2対0。5月27日のタイガース戦以来となる打点を挙げ、試合を優位に進めます。

先発・石井を強気にリードした捕手・炭谷の活躍も光りました。5回表、1点を失いなおも1死2,3塁となった場面で和田を歩かせ、ブランコとの勝負を選択します。マウンドに向かって腕を振るようにという動作を見せ、石井を勇気づけた炭谷。ブランコを併殺打に打ち取って、ピンチを切り抜けます。

直後の5回裏、先頭打者として打席に入った炭谷は、右中間を破る二塁打を放ちます。犠打で3塁に進むと、片岡の犠飛で生還。反撃を許した直後に相手を突き放す得点を呼び込みました。

投手陣の中では、2番手・十亀が躍動しました。6回表、いきなり高校の大先輩・山崎を迎えますが、内角高めに147キロの直球を投じて空振り三振に仕留めると、リズム良く3者凡退に仕留めます。

7回表は、2死1,3塁から和田にライナー性の打球をはじき返されます。しかし、中堅手が反応良く捕球すると、グラブをたたいて笑顔を見せた十亀。プロ入り初のお立ち台で「良い当たりでしたけど、アウトはアウト。これを積み重ねて頑張っていきたいと思います」と語りました。グイグイと押す投球で今後も勝利に貢献してもらいましょう。

明後日からは、交流戦トップを走るジャイアンツとの対戦。弾みをつけて東京ドームに乗り込みます!

今日は投打のヒーロー2人にお伺いします!

-まずは大崎雄太郎選手です。
大崎さん、今日も打点をマークしました。2回、最初のバッターボックス、いきなりチャンスでしたね。

(大崎)緊張しました。

-それでも結果は打点をマーク。いい犠牲フライになったんじゃないですか?

(大崎)結果的にレフトフライになって良かったです。

-大崎さん、このところ7番でスタメン起用されてから、いい働きをしていますね。

(大崎)チームのためになんとか働きたいなと思ってベストを尽くしてます。

-今日はチームのヒットが6本なんですが、そのうち3本が下位打線。こういう下位打線、本当に頼りになりますね。

(大崎)そう言ってもらえると嬉しいです。

-今は毎試合毎試合どんなことを心がけて試合に臨んでいますか?

(大崎)1球で仕留める、1球で取る、何とか集中してミスのないようにベストを尽くすことだけです。

-その集中力がこの接戦をものにできるのではないでしょうか?

(大崎)そうですね。こういう試合が増えてくると嬉しいですね。

-チームはドラゴンズに名古屋で連敗して、ここで2連勝。借り、返せましたね!

(大崎)そうですね。まだまだこれからですけど勝っていきたいなと思います。

-そして大崎さん、次はジャイアンツ戦。また借りを返して下さい!

(大崎)そうですね。個人的にもジャイアンツは大好きですし、やっつけたいなと思います。

-次もすばらしいバッティング、期待してます!

(大崎)ありがとうございました!!


-さて、続きましてはプロ初のお立ち台! ルーキー、十亀投手です。ナイスピッチングでした!

(十亀)ありがとうございます。

-十亀さん、ここから見る景色はいかがですか?

(十亀)本当に勝ててよかったと思います。皆さん、本当に応援ありがとうございます!

-今日がプロ3試合目のマウンド、リードしてる場面でしたね。

(十亀)リードしている場面でいかに抑えるかが中継ぎ陣の課題だったと思うので、それを僕はまずゼロに抑えようと、1イニングずつ大切にやっていけたらなと思ったのがこういう結果になったので良かったと思います。

-そのマウンドですけれども、いきなり対戦したのが、何かの縁だと思いますが高校の大先輩、山崎武司選手でしたね。

(十亀)プロに入って一番対戦したかったバッターが山崎さんだったので、いきなり迎えることになって内心少し嬉しい気持ちがありました。でも三振を取れたのでこれを自信にしてこれからも頑張っていけたらなと思います。

-十亀さん、最後のボールは胸元真っすぐですか?

(十亀)そうですね。内のストレートです。

-度胸あるピッチングでしたね。

(十亀)グラウンドに立ったら先輩、後輩は関係ないと思うので思いっきり勝負できたことが良かったと思います。

-そして十亀さん、2イニングス目はピンチを迎えて一発出れば逆転という場面でしたけれども、あそこも堂々のピッチングでしたね。

(十亀)そうですね。抑えられたことが一番良かったです。いい当たりでしたけどアウトはアウトなのでこれを積み重ねて頑張っていきたいと思います。

-ルーキーイヤー。ライオンズファンに今一番どんなところを見てもらいたいですか?

(十亀)ルーキーは小石だけじゃないぞというところを見せていけたらいいなと思います。

-また近い内にお立ち台でお待ちしております!

(十亀)頑張ります! 今日は本当にありがとうございました!

-素晴らしいピッチング、ルーキー十亀投手にお話をうかがいました!

渡辺監督コメント

いい形で得点できたが、もう1点終盤に取れていれば楽な展開になったと思う。

とにかく(石井)一久がいい展開を作ってくれて、調子はあまり良くなかったけれど悪いなりに1失点で投げてくれた。その後も十亀、マイケル、ウィリアムスとつないだけれど最後は打たれているわけじゃないし、自分の球を信じてストライクゾーンの中で勝負してほしいとは思うけどね。

(5回のピンチは)和田を敬遠気味に歩かせ、何とか守りやすい形にしてブランコでゲッツーという風な感じで見ていたが、結果としてゲッツーに取れて0点で切り抜けたっていうのは今日の試合の中で大きなポイントになったと思う。

(十亀は)状態がいいし、今日はちょっとタフな場面だったけれどプロ入り初めての経験で良い経験をしたと思う。自信をつけていってほしいね。

(打線は)このところある程度良い形が作れているので、もう1点、2点取れたかなって思うけど何とか2点差を最後まで逃げ切れて(良かった)。こういう試合をやっておけばだんだんチーム力も上がってくと思うし、いいゲームだったと思う。

(今日活躍した中島は)ランナーをかえす役目の人だから、その場面でしっかり仕事ができれば本人の調子も上がってくると思うね。

これで交流戦は五分だけど、まだ試合は続くし何とか良い形で交流戦が終われるように、そしてチームに良い勢いがつけれるように明後日からまた頑張っていきたいと思う。