2012/05/28(月)第2回戦

阪神 vs 埼玉西武

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  埼玉西武ライオンズ 0 0 0 0 0 0 3 0 0 3 7 0
  阪神タイガース 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0

18:00試合開始|甲子園
第2回戦 1勝1敗0分|曇り 24℃|観客数:35,590人

vs阪神 第2回戦

昨日の嫌な負け方を引きずることなく臨みたい今日のタイガース戦。甲子園でプロ初登板となる牧田とメッセンジャーの両先発が好投を続け、お互いに我慢の展開が続きます。しかし、終盤の7回に片岡が先制弾を放つと、そのまま牧田がリードを守って3対0で試合終了。昨日の雪辱を果たす快勝となりました。

今日勝利へ導く活躍を見せたのは、一人で投げ切った牧田と決勝弾を放った片岡を置いて他にありません。

初回を無失点に抑える立ち上がりを見せた牧田ですが、相手先発・メッセンジャーも好投を続けており、なかなか先取点を奪えない展開。しかし、息詰まる投手戦の中でも牧田は集中力を切らさず、4回裏には1死3塁、6回裏には2死1,3塁のピンチをしのいで相手に譲りません。

7回表に3点を先制してもらっても、全く隙を見せない牧田。7回裏と8回裏を続けて3者凡退に抑えると、9回裏も無失点で締め、自身今季初の完封。9回を投げて135球、被安打4、奪三振5、与四球3、無失点という内容で、チームに勝利をもたらしました。

1番・片岡は初回、相手先発・メッセンジャーの速球を右方向へ打ち返し、鋭いゴロが一二塁間を抜ける安打とします。

直後の1回裏には、右前で弾もうかという浅い飛球に対し、片岡が2塁に背を向けながら懸命に追い掛け、最後はジャンプしながら目いっぱいグラブを伸ばして捕球。攻守に渡って良い動きを見せます。

3回表にも安打を放った片岡は、0対0で迎えた7回表に2死1,2塁という好機で打席へ。フルカウントから外角への150キロの直球を振り抜くと、右方向へ伸びていくライナーがライトポール際に飛び込み、先制となる2号3点本塁打に。「牧田の好投を何とか援護したかった」という一撃には、ジェット風船を膨らませて待っていた甲子園のファンも沈黙。今季3度目となる猛打賞も記録し、チームを勢いづける1番としての役割を十分に果たしました。

明後日からはマツダスタジアムに乗り込んでのカープ戦。借金を減らすためにも、ここで白星を積み重ねましょう!

今日のヒーローは試合を決めた3ラン、片岡選手です!

-ナイスバッティングでした。

(片岡)自分でもびっくりしているぐらい、いい打球が飛びました。

-振り返っていただけますか?

(片岡)全部の球に食らい付くことができていたので、心のゆとりというか、そういう気持ちを持って打席に立ちました。

-最後はフルカウントから150キロのストレートをライトスタンドに運びましたね?

(片岡)狙っていたわけではないのですが、牧田の好投もありましたので、何とか1点を先に取れればと思っていました。

-牧田投手の背中を見ていて、今日のピッチングはどうでしたか?

(片岡)毎回援護できていなかったので、今日は何としても勝ち星をつけてあげたかったです。

-そういう意味では、今日は猛打賞の活躍で野手として援護できたのではないですか?

(片岡)1番打者として仕事ができたかなと思っています。

-甲子園での一発というのはいかがですか?

(片岡)野球人としては活躍したい場所なので、この甲子園で活躍できたことをうれしく思います。

-昨日は悔しい負け、今日は片岡選手の一発で勝利。これで勢いがつきますね?

(片岡)何とか交流戦の借金を返していきたいと思っているので、この勝ちをいい流れへ持っていきたいと思っています。

渡辺監督コメント

牧田とは試合終盤にどこまで投げられるかを本人と話しながらマウンドに送っていました。
そして今日は最後まで牧田でいくことに決めました。

7回の場面は、ヤス(片岡)で勝負だと思っていました。
牧田はバントがヘタだし、ダブルプレーになるのは嫌だったからね。
値千金のホームランだったね。しっかり振りきれていたのであそこまで飛んだと思います。

勝つために最善の策を考えて戦っている中で、先日1番・片岡、2番・栗山に変更しました。