2012/05/22(火)第1回戦

埼玉西武 vs 巨人

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  読売ジャイアンツ 0 0 0 1 0 0 3 0 1 5 10 0
  埼玉西武ライオンズ 0 0 0 0 0 1 0 0 1 2 7 1

18:02試合開始|西武ドーム
第1回戦 0勝1敗0分|小雨 18℃|観客数:24,523人

vs巨人 第1回戦

試合開始前、西武ドームでのセレモニーにライオンズOB・清原氏が登場。黄金時代を支えた勇士に勝利を届けたいところでしたが、終盤にジャイアンツ打線の猛攻にあい勝ち越される展開。9回に一矢報いるも、反撃及ばず2対5で敗戦となりました。

劣勢の中でも、相手に食い下がろうとする姿勢を多くの選手が見せてくれました。

まずは、ここ5試合で3本塁打と調子を上げている4番・中村。今日は巧みな打撃で得点を呼び込みます。

0対1で迎えた6回裏。この回先頭の中村は相手先発・ホールトンの外角低めの直球を、巧みなスイングで右方向へ運びます。打球は伸びていき、ワンバウンドでライトフェンスに到達する二塁打に。この安打をきっかけに1死3塁と好機を作り、ヘルマンの同点犠飛を呼び込みました。

他の打撃陣では、9回に大崎と上本が意地の反撃を見せました。2人とも代打で結果を残し、少ない打撃機会をものにしました。

1対5で迎えた9回裏、相手投手・西村に対峙した代打・大崎。低めのフォークを捉えると、伸びのある飛球が左中間を真っ二つに割る二塁打となります。続く打者も代打で登場した上本。これも低めのフォークを捉え、鋭い打球を中前に運ぶ適時打に。勝負強さの光った脇役が、最後まで諦めずに力を出しきる姿勢を見せてくれました。

投手陣では、長田と松永が相手の流れを断ち切ります。

7回表に相手の猛攻にあい1対4と勝ち越され、なおも1死2,3塁のピンチで2番手・長田がマウンドへ。今季初登板でいきなり厳しい場面を任されますが、坂本と村田を打ち取り無失点に抑えます。

8回表には3番手・松永が5月13日以来の登板。バックのミスで2塁に走者を置くも、左打者の高橋由とボウカーをそれぞれ三振に仕留める好投を披露しました。

明日も西武ドームでのジャイアンツ戦。連敗を止めるべく、先発・岸が相手の強力打線を封じ、勝利を引き寄せましょう。

渡辺監督コメント

牧田が持ちこたえられなかったのが原因だけど、1点取ったあとなんとか次の回を抑えて欲しかった。

取ってもらったあと慎重になったのか、カウントを悪くしてしまった。

牧田の良いところはそういうところでしかっりとカウントをつくって勝負していくのが持ち味なんだけど、あの場面気持ちの変化っていうか、1点取ってもらった後で抑えなきゃっていう気持ちが出たかも知れない。
カウント不利な状況から作戦をしやすいカウントを作ってしまっている。

ああいうところが今日の反省点じゃないかな。