2012/05/03(木)第4回戦

埼玉西武 vs 楽天イーグルス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  東北楽天ゴールデンイーグルス 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 8 1
  埼玉西武ライオンズ 0 1 2 0 3 0 0 0 X 6 12 0

14:00試合開始|西武ドーム
第4回戦 2勝2敗0分|小雨 16.4℃|観客数:31,357人

vs楽天 第4回戦

序盤で試合の主導権を握り、6対1の快勝。連敗を3でストップさせました。

2度目の先発マウンドに挑んだ小石は1回表、先頭の聖澤に四球を与えますが、2塁に誘い出してけん制で刺し、無失点で立ち上がります。

2回表は、2死2塁から嶋に左前安打をはじき返されます。しかし、素早い中継プレーで2塁走者の本塁突入をブロック。野手陣が小石をもり立てます。

3回、4回も走者を背負いながら、粘りの投球で得点を許さない小石は、尻上がりに調子を上げます。5回表を3者凡退に打ち取って波に乗ると、6回は先頭の松井稼を空振り三振に打ち取るなど、3人で片付けます。7回は2死から死球を与えた小石でしたが、動じることなく内村を右飛に仕留めました。

「最初から自分がやろうと思っていたことができていたので、それが結果につながったと思う」と振り返る小石は、7回を106球、被安打4、奪三振3、与四死球4、無失点の好投。うれしいプロ初白星を挙げました。

打ってはプロ入り初の5番に入った秋山が、起用に応える大活躍。2回裏、1死から左前安打で出塁すると、2つの暴投などで生還。先制点を奪います。3回裏には、2死から3番・中島、4番・中村の連続二塁打で1点を追加した後で打席が回ると、内角低めの直球をはじき返す中前適時打を放ちます。

5回裏、1死1,2塁から外角高めの直球を左中間に打ち返すと、俊足を飛ばして3塁に滑り込む2点適時三塁打。2試合連続の猛打賞で、小石に大きな援護点をプレゼントします。

7回裏には中前安打を放った秋山は、プロ入り初となる4打数4安打。「2ヶ月ぐらいまともに野球ができない時期があったので、遅れてきて足を引っ張るわけにはいかない。とにかく思い切って、与えられた役目を果たせられればいい」と力強く語る秋山が、5月反攻の鍵を握ります。

明日からはマリーンズを迎えての3連戦。9連戦最終カードを、勝ち越して締めくくりましょう!

今日のヒーローは、秋山選手と小石投手です!!

(秋山)ありがとうございます!!

-復帰して3回目の猛打賞。好調の要因はどのあたりですか?

(秋山)2ヶ月くらいまともに野球ができない時期があって、遅れてきて足を引っ張るわけにはいかないので、とにかく思い切って与えられた役目を果たせればいいかなと思ってます。

-今日は全ての打席でヒットを放って、自身プロ初の4安打、ナイスバッティングですね。

(秋山)ありがとうございます!!

-今日は5番に入っての活躍でした。いつもと違った想いもありましたか?

(秋山)そうですね。人生でも初めての打順で、それに日本一の4番打者の中村さんの後ろだったので、特に緊張しました。

-これで小石投手のプロ初勝利にも、大きな援護となりました。

(秋山)小石さんがずっとゼロに抑えてくれていたので、とにかく点を取りたいなと思いました。

-ファンの方にメッセージをお願いします。

(秋山)こんな天気の中、これだけ大勢の方に来ていただいて、うれしく思います。これから、ライオンズはどんどん勝っていかなければいけないと思うので、さらに西武ドームに足を運んでいただいて、より一層の声援をお願いします!!

-おめでとうございます。今日のヒーローは、秋山選手でした。

(秋山)ありがとうござました!!

-そして続きまして、まずはプロ初勝利。今のお気持ちから聞かせてください。

(小石)やりましたー!!!

-大声援が返って来ましたね。

(小石)はい。みなさんの応援のおかげがあって、良いピッチングができたと思います。

-その良いピッチング、振り返ってどう思いますか?

(小石)最初から自分がやろう思っていたことができていたので、それがいい結果につながったと思います。

-8回からは、どんな気持ちで試合を見守っていましたか?

(小石)勝ちたい、という気持ちで、信じてました。

-今日はご家族も見守る中での投球だったと伺いました。どんなご報告をしましょうか。

(小石)家族は来てません。

-そうだったのですね。では改めて、家族へのご報告の方はどうしますか?

(小石)テレビの前で見ていると思うので、ちゃんとプロに入って勝つことが出来て、親孝行が出来たと思います。

-今、その手に持っているウイニングボール、どうしましょうか?

(小石)どうしますかね。親にあげます。

-今日はこんなに満員のお客さんです。大声援を送ってくださったみなさまにも、プロ初勝利のご報告お願いします。

(小石)天気も悪い中、わざわざ西武ドームまで足を運んでいただき、本当にありがとうございます。みなさんの応援があって、こういう良い結果になったと思います。

-2012年5月3日、忘れられない日になりそうですね。

(小石)そうですね。はい。

-それでは最後に、キャンプから封印していた一句、お願いします。

(小石)「初志貫徹 負けぬという気持ちで 初勝利」

-おめでとうございます。今日のヒーロー、小石投手でした。

(小石)これからも応援よろしくお願いします!!

渡辺監督コメント

本当に苦しい戦いが続いた中、先発のルーキー・小石が7回まで投げてくれたのはすごく大きかったと思います。

序盤から打線で援護があったので、やっぱり若いピッチャーを育てるのも打線の力を借りなければいけないところもあるし、今日は本当に序盤から良い形で点を取ってくれました。その点数の余裕を持って、それ以降は小石も自分のペース、自分のリズムで投げられたと思います。

5回まで持てば良いかなと思ってはいたのですが、段々回を追うごとに非常にテンポもよくなり、ボールも実際よくなってきて、7回までいきました。いかせようと思えば8回までいかせたのですけど、後ろにいる松永、岡本篤に任せようと思って継投しました。

小石は初登板は勝てなかったですけど、早い段階で勝ち星がつきました。ピッチャーにとって勝ち星というのはすごく勇気を与えると思うし、これからのピッチングも楽しみにしています。小石にはおめでとう、と声をかけました。

5番打者に苦しんでいるところがあったし、クリーンアップはあまりいじくりたくないっていうのはあります。しかし、今一番状態の良い秋山は、将来的にもクリーンアップを打てるバッターだと思ってますし、今日初めての5番ですぐ結果を出し、すごい頼もしい選手であることは確かですね。

ホームで全然勝ってなかったですし、ゴールデンウィークでお客さん、特に子どもたちも多いので、ライオンズらしい野球をしたかった。あと3日間ありますので、連勝できるよう、いい試合ができるよう、頑張っていきたいと思います。