2012/04/25(水)第5回戦

福岡ソフトバンク vs 埼玉西武

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  埼玉西武ライオンズ 0 0 2 0 0 0 0 1 0 3 7 0
  福岡ソフトバンクホークス 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 6 0

18:00試合開始|ヤフードーム
第5回戦 1勝4敗0分|曇り 19℃|観客数:29,882人

vs福岡ソフトバンク 第5回戦

昨日の完封負けの借りを返したい今日の勝負。中島が序盤と終盤に適時打を放つ活躍を見せると、先発・岸が9回を粘り強く投げ切って3対1で勝利。ホークス戦今季初白星となりました。

岸は立ち上がりから、切れのある直球とタイミングを外すチェンジアップを駆使して相手打線に対峙。2回裏にはペーニャ、松中と長打力のある打者を三振に仕留め、先制を許しません。

2点を先制してもらった直後の3回裏は球が高くなったところを狙われて1点を返されます。しかし「今日の岸はブルペンの調子が今シーズンで一番良かった。中盤以降は先頭バッターを打ち取ってほしい」と杉本投手コーチが期待を寄せた通り、岸は4回以降1度も先頭打者を出すことなく全力投球。終盤で球数が100球を超えても「岸の7回、8回の投球を見ていけると思った」と振り返った渡辺監督は、9回のマウンドも岸に託します。内川、ペーニャ、松田と相手の中軸を迎える9回裏も3者凡退に抑えて締めた岸は、9回を投げて140球、被安打6、奪三振10、無四球、失点1と快投を演じて今季3勝目。今季初完投勝利でチームの連敗を3で止めました。

打撃では、チームの中軸・中島が勝負強い打撃でチームを勝利に導きました。

初回から安打を打った3番・中島は、3回表に相手先発・大隣に対し、1点を先制した後の2死2塁で打席に入ります。外角低めの難しい変化球に食らい付くと、上がった打球がしぶとく右前に落ちる適時打となり、2対0とします。

しかし直後に1点差に迫られ、中盤以降は追加点の欲しい試合展開。頼れる男・中島が再びその打棒でチームを勝利へ引き寄せます。2対1で迎えた8回表、1死2塁の場面で登板した2番手・吉川の初球を大きなスイングですくい上げ、滞空時間の長い打球が左中間フェンスの上部を直撃する適時二塁打に。中島らしい豪快なスイングで3対1とし、価値ある追加点をもぎ取りました。これで今季初の猛打賞も記録。中島とともに猛打賞を記録した栗山の出塁率の高さを生かし、中軸が走者をかえす攻撃の形をさらに徹底させていきましょう。

明日はルーキー・小石がプロ初登板初先発。期待の新戦力を打線が全力で助け、今季初の連勝を決めましょう!

今日のヒーローは完投勝利を挙げた岸投手です!

-9回を投げ切ってナイスピッチングでした!

(岸)ありがとうございます。

-9回を投げ切って今どんな気持ちですか?

(岸)疲れました。

-最後まで力があるように見えましたが?

(岸)今日も思い切りいきました。

-チームが連敗している中で迎えたマウンド、岸投手にとっても今シーズン連敗を止めるのが3度目になりますね?

(岸)それよりも去年からチームも僕もソフトバンクにやられているので、何とかしたいなと思って投げました。

-今日はどんなところに一番手応えを感じましたか?

(岸)インコースにうまく投げられたことかなと思います。

-点を取られた3回は岸投手の中で何か変わったなというところがあったのでしょうか?

(岸)特に何もありませんでした。

-自身としてもチームとしてもホークス戦の1勝というのは今後につながっていくと思いますが?

(岸)そうですね。明日新人の小石が投げるので、今日何としても勝ちたいと思っていたので良かったです。

-本当にナイスピッチングでした!

(岸)ありがとうございます。

渡辺監督コメント

岸は辛抱強く投げたね。
本来抑えがしっかりしていればつなぎたかったけど、岸の7回、8回の投球を見ていけると思った。
岸には7回頃からいけるところまでいくよと言ってあった。

中島はやるべき仕事をきちんとやってくれた。
明日からもこういう形を作っていきたい。