2008/09/26(金)第23回戦

北海道日本ハム vs 埼玉西武

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  埼玉西武ライオンズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1
  北海道日本ハムファイターズ 1 0 0 1 0 0 0 0 X 2 6 0

18:00試合開始|札幌ドーム
第23回戦 14勝8敗1分|曇り 19℃|観客数:28,331人

vs日本ハム23回戦 札幌ドーム

優勝マジック1で迎えた札幌での対日本ハム23回戦。

ライオンズ先発は帆足。
初回、先頭の田中賢に右中間への二塁打を浴びると、森本が送りランナー3塁。ここで稲葉にライト前適時打を浴び先制点を許してしまう。

2回にはボッツにライト線二塁打を浴びるも、3つのアウトを全て三振で奪い、無得点に。3回にはまたも田中賢にセンター越えの二塁打を浴びるも、徐々に帆足らしい低めの投球が決まり出し、結果的にランナーを進められることなく無得点に抑えた。

しかし4回、6番・小谷野にレフト前安打を許すと、ボッツに右中間への適時二塁打を浴びてしまい、2失点目を許してしまった。

一方ライオンズはファイターズ先発・スウィーニーの前に積極的な攻撃を見せるも、なかなかチャンスを掴めない。
2回には後藤、中村が連続四球を選ぶも後続を3人で抑えられてしまい得点ならず。
4回には3番・中島がチーム初ヒットとなるセカンド内野安打で出塁するも、続く後藤がショート併殺打に倒れてしまいランナーなしに。5番・中村はまたも四球を選び出塁するが、6番ブラゼルが打ち取られ、無得点に抑えられてしまった。

ライオンズ打線はスウィーニーのチェンジアップとカットボールを勝負球とした投球に翻弄され、1回、3回、5回、7回、8回と3者凡退に打ち取られる。
4回以降2本目のヒットは8回まで出なかった。

打線が苦労する中、帆足は徐々に落ち着いた投球を見せ始める。
5回は9番・金子誠をチェンジアップで空振り三振に仕留めると、それまで2安打を許していた田中賢を低めストレートでセカンドゴロに。続く森本もサードゴロに打ち取り、この試合初めての3者凡退に仕留めた。
6回は四球でランナーを出すも、低めのパームボールでショート併殺打に抑えるなど結果的に3人で打ち取る投球。

帆足は、6回を投げ被安打6、7奪三振、1四球、2失点の好投も勝利投手の権利は得られないままでの降板となった。

7回を任されたのは23日に被安打1のロングリリーフをした大沼。代打・糸井に四球を与えるも、アウト3つを詰まらせたフライアウトに打ち取り、無失点に抑えた。

8回には星野が登板。セカンド併殺打がショート・中島の悪送球でランナー2塁のピンチとなってしまうも、高橋を敬遠後、5番・稲田をライトフライに打ち取り無失点に。

3投手が粘りの投球を見せ、最終回の攻撃につないだ。

0対2とリードされての9回表、2番・栗山がチーム2本目のヒットとなるセンター前安打で出塁すると、中島が四球を選びランナー1,2塁のチャンスを作る。

ここで完封を狙っていたスウィーニーは降板。今日最大のチャンスが訪れた。
しかし、代わった建山の前に、4番後藤がレフトフライ、5番中村がキャッチャーファールフライに倒れゲームセット。

今季最少の散発2安打に抑えられる今季2度目の4連敗を喫した。

しかし、試合終了直後、ライオンズナインはすぐに笑顔になった。

イーグルス対バファローズでバファローズの敗戦が決まり、試合には敗れたもののリーグ優勝が決まった。

渡辺監督は就任1年目での優勝に胴上げの前から溢れる涙を抑えることができなかった。大久保コーチも大粒の涙を流し、選手一人ひとりと抱き合った。

ライオンズは2008年9月26日(金)、4年ぶり21度目のパ・リーグ優勝を果たした。今季75勝60敗4分。139試合目での勝ち取った大きな大きな勲章。
渡辺監督は4回宙を待った!中村、中島の目には涙が溢れていた。
「ありがとう!! そして、おめでとう!!」赤田キャプテンからのファンへのメッセージだ。


☆リーグ優勝記念ページ公開!☆

優勝監督コメント

-優勝監督インタビューです。
4年ぶり21度目のリーグ優勝の西武ライオンズ渡辺久信監督です。

(渡辺監督)ありがとうございます。

-遠くから来たライオンズファンが見守る中、胴上げされた気分はいかがですか?

(渡辺監督)本当に選手は、今年1年頑張りました。シーズン通して勝てない日もありましたが、1戦1戦力をつけて本当に強いチームになってくれたと思います。ライオンズの選手を私は誇りに思います。

-監督ご自身は常勝時代の西武を何度も経験されていると思います。今年の優勝は、今までの優勝と1番違うところはどこですか?

(渡辺監督)まず、去年の秋から思うと、まさかこの位置にいるとは思いませんでした。つらい練習、汗と涙の結晶が今こういう形にあると思うので、今までの優勝の中では忘れない優勝の1つで最高です。

-Bクラスからのスタート、本当に苦しい1年だったと思いますが、素晴らしい優勝でしたね。

(渡辺監督)本当に、球団・スタッフ・もちろん選手・裏方さん・1年間応援してくださった日本全国のライオンズファンのみなさんに感謝したいと思います。誰が欠けてもこの優勝はなかったと思います。ありがとうございます。

-西武ドームでもファンの方が監督の声を聞いていると思います。全国でテレビを見ているファンの方もいます。この後もまだクライマックスが控えていますね。

(渡辺監督)地元のファンのみなさん、すみません。申し訳ありません。なかなか決められなかったですけど、今日なんとかこういう形であれ優勝にこぎ着けました。まだ、レギュラーシーズン・クライマックスシリーズと試合を残してますけど、とにかく今日はこの優勝をみんなで味わいたいと思います。本当にありがとうございます。