2008/05/31(土)第1回戦

埼玉西武 vs 中日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  中日ドラゴンズ 0 0 0 0 0 2 2 0 0 4 7 1
  埼玉西武ライオンズ 0 1 1 1 0 0 0 0 0 3 7 0

13:00試合開始|西武ドーム
第1回戦 0勝1敗0分|雨 13℃|観客数:32,788人

vs中日1回戦 西武ドーム

ライオンズ先発は岸。

初回先頭の荒木にセンター前ヒットを浴びると、2番井端にはフォアボールを与える。
しかし、クリーンアップ3人を抑え、無失点で乗り切る。

初回を抑えたことで、自信を持った岸は2回、4回、5回を3者凡退に打ち取り、5回までに7奪三振を奪う。
手元でうなりをあげるストレートと変化球で巧みにバッターを操った。

しかし、6回T.ウッズの2ランで1点差に。7回には、2三振に仕留めていたデラロサに左中間への2ベースヒットを浴びると、降板。

岸自身も「あの2球さえなければ」と勝てる試合を落としたことにうなだれた。


岸に代わりマウンドにあがった星野が代打・立浪に犠牲フライを決められ同点となると、3番手の大沼は荒木にフォアボールを与える。
ランナーを1塁に置いて、2番井端の左中間への当たりをボカチカがスライディングして捕球を試みる。打球処理にもたつく間に足の速い荒木は一気にホーム生還。
逆転を許してしまった。

ライオンズ打線は、初回先頭の片岡が左中間へのヒットで出塁するも、伸びのあるストレートを後続が捉えられず無失点に。

しかし、2回G.G.佐藤がライト前ヒットで出塁すると、中村にはフォアボール。石井義のファーストゴロ間にランナー1,3塁となり、細川のセカンドゴロ間に先制。
セカンドゴロは細川のバットに小田のミットが当たり打撃妨害となるも、選択権のある渡辺監督はインプレーを選択し、3塁ランナーのG.G.佐藤が生還した1点となった。

味方のミスに川上は調子を崩す。3回には中島、ブラゼルが連打で出塁すると、中村のレフト前タイムリーで追加点。
4回には栗山が4/4以来の第2号ソロアーチで3点目をあげる。

しかし、栗山のホームランで目の覚めた川上は、そこから中島、ブラゼル、G.G.佐藤、中村と回をまたいで4者連続三振。
それ以降も川上、2番手吉見を打ち崩せず、8回まで3人ずつで抑えられてしまう。


最終回には、ドラゴンズの守護神岩瀬がマウンドへ。
1アウトで代打・高山の一塁線の強打をファースト・中村紀が弾き出塁すると、代打・水田がきちんと送りバントを決め、得点圏にランナーを進める。
しかし、片岡、代打・平尾がゴロに終わりゲームセット。

3回の満塁のチャンスに1点しかあげられなかったことが悔やまれる結果となった。

渡辺監督コメント

岸は状態よかったね。ただデラロサに対してはちょっと簡単に行ったかな。それまでの感覚で投げていればね。

ボカチカの守備はしょうがないとかそういう問題じゃない。守備に関してはちょっと難しいなって感じだね。こんだけ多いとね。

(勝ち越しタイムリーも)よくあるふつうのセンター右の当たりだし、捕ってからあそこでスライディングする意味がわからない。あの後、一発で投げれないというのもね。今シーズン入って1回、2回じゃないからね。これは守らせている俺も悪いんだけど、ああいう大事な局面で守らせるのはちょっと厳しいかなって感じだね。

(水田の代打は)あそこはバントしかないし、より確率のいい方を選んだ。
ちょっとねミスでやられてる面があるし、特にディフェンス面でのミスは考え直さなきゃいけないなって思います。

やっぱり交流戦に入って初めて見るピッチャーも多いし、やっぱり打ち合いっていうのはあまり考えられないし、うちの方で変なミス、やらなくてもいいような点を与えて、大事な1点をとられているんでそこら辺は基本に帰るじゃないけど、きっちり守りの方をやっていかないと、どうにもならないから。やっぱりディフェンスの方をもう少し意識しないとね。

(打撃妨害は)迷わず得点をとったね。1アウト満塁にしても、その後の展開はわからないからね。取れるときに取っておかないとね。中日戦に連敗中なのは知っていたよ。
憲伸は良くなかったね。2回の満塁のチャンスとか潰せるところでしっかり出来てればね。もっと早い回で引き摺り下ろせたんだろうけどね。なんにしても色んな面で考えなくちゃいけないかなって思います。