2022/05/15(日)第8回戦

埼玉西武 vs 楽天イーグルス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  東北楽天ゴールデンイーグルス 0 0 0 2 0 0 0 0 1 3 10 0
  埼玉西武ライオンズ 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 7 0

13:00試合開始|ベルーナドーム
第8回戦 4勝4敗0分|曇り 20℃|観客数:21,224人

対楽天 第8回戦

楽天との3連戦最終日となった今日は獅子女デー。女優の新川優愛さんが始球式を務め、獅子女ユニフォームに身を包んだファンがスタンドで選手たちを応援します。
先発のマウンドにはエンス投手。1・2回は四球を出しながらも無失点に抑え、続く3回は見事3者凡退に。その裏先頭打者の愛斗選手が二塁打を放ちます。その後一死3塁とチャンスをつくると、相手のミスのうちに愛斗選手がホームに帰還し先制点を奪います!

しかし直後の4回、相手打線につかまり逆転を許します。エンス投手はこの回追加点を与えず切り抜けますが、続く5回にも連打を許し、109球・5被安打・2失点という成績で5回途中マウンドを降ります。

ピンチの場面でマウンドに立ったのは森脇投手。一死1・2塁、前打席本塁打を打たれている選手との対戦という状況でしたが、見事空振り三振に抑えます。続く選手も空振り三振。相手の流れになりかけていた空気を断ち切ります。
6回7回は本田投手、8回には十亀投手と継投。走者は出すもののしっかりと無失点に抑えます。

何とか中継ぎ陣のがんばりに応えたい打線は7回に金子選手の二塁打などで二死満塁、8回にも外崎選手の安打と山川選手の二塁打で無死2・3塁とチャンスをつくりますが、あと一本が出ず、1対3で試合終了。
本日は敗戦となりましたが、現在パ・リーグ首位の楽天と熱い戦いを繰り広げ、2勝1敗と本カード勝ち越しに成功しました。

試合ダイジェスト