2019/08/31(土)第22回戦

埼玉西武 vs 福岡ソフトバンク

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  福岡ソフトバンクホークス 0 0 1 2 1 0 0 1 0 5 9 2
  埼玉西武ライオンズ 5 1 1 0 0 0 1 2 X 10 15 2

18:00試合開始|メットライフ
第22回戦 11勝11敗0分|曇り 28.0℃|観客数:30,531人

vs 福岡ソフトバンク 第22回戦

昨夜、首位攻防戦の初戦を制したライオンズ。勢いそのまま、初回から打線が繋がりを見せます。
走者を一人おいた場面で森選手が4試合連続となる本塁打を放ち、2対0と先制。さらに山川選手の第39号本塁打が飛び出すなど、この回一挙5点を奪います。
その後も秋山選手の本塁打など、3回までに7点を挙げる猛攻で相手チームを突き放します。

ライオンズの先発は、自身初の2ケタ勝利を狙う高橋光投手。中盤に失点を許しますが、リードは譲らず5回を投げきってマウンドを降ります。
後を受けたのは2年目の平良投手。6回を3者凡退に抑える気迫の投球を見せ、チームに勢いをもたらします。

7回、山川選手が高めの直球を振り抜くと打球はレフトスタンドへ。大台に到達する40号の本塁打で貴重な追加点をあげ、8対4とします。
8回にも外崎選手の適時二塁打で10点目。最後まで攻撃を緩めません。

最終回は増田投手が無失点に抑え10対5で試合終了。栗山選手が通算1,807安打を放ち、球団最多安打記録を更新。
チームはホークスとのゲーム差を0にし、首位奪還まで残り1勝に迫りました!

ヒーローインタビュー



監督コメント



試合ダイジェスト