2015/08/09(日)第18回戦

オリックス vs 埼玉西武

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  埼玉西武ライオンズ 0 0 1 0 0 0 0 5 3 9 7 2
  オリックス・バファローズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1

13:00試合開始|京セラドーム
第18回戦 10勝8敗0分|晴れ 35℃|観客数:27,099人

vsオリックス 第18回戦

バファローズとの今カード最終戦は、ルーキー・高橋光成がプロ2戦目の先発登板。投手戦の中で好投を演じると、終盤に3本の本塁打が生まれ、9対0で勝利。うれしいプロ初勝利でチームの連敗を止めた高橋光成の投球、そして日本新記録の一発を放った中村の打撃を振り返ります。

高橋光成は、今季初出場の上本とバッテリーを組みます。初回にピンチを迎えるも無失点に抑えると、続く2回裏は打たせて取る投球で3者凡退に。序盤を無失点とした高橋光成について、横田投手コーチは「前回の登板時に比べて、今日はまっすぐを主体に相手から逃げることなくしっかりと投げられている」と評価します。

その後も好投を続け、5回までわずか1安打に抑えた高橋光成。勝利投手の権利を手にし6回裏もマウンドに上がりましたが、2つの四球を与えたところで降板。このピンチは2番手・岡本洋が抑えました。

高橋光成は5回1/3を投げ96球、被安打1、奪三振4、与四球5、無失点でプロ初勝利。18歳の若獅子は「チームが連敗中なので、何とか先発投手として自分が無失点に抑えられて、勝ちにつなげられればと思い、マウンドにあがりました」とコメント。チームの助けになりたいという気持ちが、好投につながりました。

接戦のまま迎えた8回表には、満塁の好機で7月度の月間MVP賞を手にしたばかりの4番・中村が打席へ。左翼席上段へ飛び込む31号満塁本塁打を放ちました。これが通算16本目となる満塁本塁打。通算満塁本塁打で王貞治氏を抜き、日本新記録を打ち立てています。

あさってからは西武プリンスに戻り、ファイターズとの戦いが始まります。勢いに乗って苦手な敵を倒しましょう!

今日のヒーローは、プロ初勝利を挙げた高橋光成投手です!

プロ初勝利を田邊監督に祝ってもらう高橋光成

-おめでとうございます!

(高橋光成)ありがとうございます!

-今のお気持ち、お聞かせください。

(高橋光成)初勝利ということで、すごくうれしいです。

-初のヒーローインタビュー、そしてこの歓声を聞いていかがですか?

(高橋光成)すごくありがたいことなので、またこうやって喜んでもらえるように頑張りたいと思います。

-今日は一軍2度目の先発試合でしたが、どんな気持ちで試合に臨みましたか?

(高橋光成)前回は負けてしまったので、しっかりと最少失点に抑えて勝ちにつなげようと思って、思いっきり投げました。

-その中でバファローズ打線を1安打に抑える好投でしたが、ご自身で振り返ってみていかがでしたか?

(高橋光成)回の途中で代わったしまったんですけど、本当によく投げられたと思います。

-そして今日は攻守にわたり、たくさんの味方の援護があったと思いますが、どのようにご覧になってましたか?

(高橋光成)すごく僅差でドキドキしていたんですけど、いっぱい打っていただいたので、すごく安心して見ていられました。

-特に8回の満塁の場面はドキドキしたんじゃないでしょうか?

(高橋光成)そうですね、ヒヤヒヤでした(笑)

-その中で、満塁ホームランも出ましたね。

(高橋光成)すごいホームランでした。

-たくさんの選手の皆さんの思いもあってプロ初勝利を挙げました。ウイニングボールはもうもらいましたか?

(高橋光成)いただきました。

-ウイニングボール、どうしますか?

(高橋光成)お世話になった両親にあげたいと思います。

-高橋光成投手の好投もあり、チームは連敗ストップしました。ファンの皆さんは活躍をこれからも期待していると思います。そのことを踏まえて、ファンの皆さんにメッセージをお願いします。

(高橋光成)また自分の投げる姿を見に来ていただいて、自分も頑張りますので、また球場に足を運んで応援してください。お願いします!

田邊監督コメント

光成は粘り強いピッチングをしたね。
キャッチャー・上本がうまくリードをしてくれた。
前回より、ストレートを多くして、本来の持ち味を引き出してくれた。

打線はつないで4番の一振り。
チャンスはつくっている。
中村の満塁ホームランはまだまだいくよ。

試合ダイジェスト