2013/05/14(火)第1回戦

東京ヤクルト vs 埼玉西武

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  埼玉西武ライオンズ 1 0 0 1 2 0 0 0 0 4 9 1
  東京ヤクルトスワローズ 1 0 2 0 0 0 0 0 0 3 12 1

18:00試合開始|神宮
第1回戦 1勝0敗0分|晴れ 24℃|観客数:14,742人

vs東京ヤクルト 第1回戦

4連敗中のチームにとって、渇望していた白星を必死の守りで手にしました。スワローズに対し中盤に逆転して4対3とリードしながら、その後何度もピンチを迎えます。しかし最小リードを守り抜き、交流戦は白星発進となりました。

1点を守り切る継投の中で、特に光る活躍を見せたのは2番手・岩尾。逆転した後の大事なイニングを無失点で切り抜け、うれしいプロ初勝利を挙げました。

先発・十亀が4回を投げてマウンドを降りると、逆転した直後の5回裏から2番手として岩尾がマウンドへ上がります。緊迫した状況の中プレッシャーがかかる場面でしたが、失策で出た走者をかえすことなく無失点に抑えます。

6回裏も続投となった岩尾は、連打を浴びるなどして1死満塁のピンチを迎えます。しかし、ここで岩尾が気迫を見せました。田中浩、ミレッジと続く上位打線を打ち取り、見事窮地を脱出。苦節4年目にしてプロ初勝利を手にしました。

自分にとっても、そして連敗を止めたチームにとっても大きな一勝。岩尾自身も「連敗の流れを止めて1勝できたことがすごくうれしい」と振り返りました。さらに修羅場を切り抜けた経験は、今後の投球でも生きることでしょう。中継ぎの層を厚くするような活躍が期待されます。

また、今日4番に座ったオーティズが2安打2打点の活躍。ベンチの期待に応えました。

2対3で迎えた5回表。相手先発・村中に対して攻撃がつながり同点とすると、続く好機で打席にはオーティズ。ここで登場した2番手のロマンに対して「しっかりボールをたたくことを意識した」という当たりは、中前適時打となって勝ち越しに成功しました。

初回には先制の打点を挙げているオーティズ。今後も4番に定着するような働きを続けて骨太打線をさらに強固なものにしていきましょう。

ニューヒーローの誕生した試合で連敗を止めることができました。波に乗って明日のスワローズ戦も制しましょう!

プロ入り初勝利を挙げた岩尾投手です!

-おめでとうございます!

(岩尾)ありがとうございます!

-今の率直なお気持ちをお聞かせ下さい。

(岩尾)みんなに応援されて初勝利できてとてもうれしいです!

-初勝利のボールを手にしてどんな思いですか?

(岩尾)この日のために頑張ってきたので、こういう結果を出せてうれしいです。

-このボールは誰にあげますか?

(岩尾)とりあえず自分で保管しておきます。

-今日の交流戦初戦、この勝ちはチームにとっても非常に大きいと思います。そのあたりはいかがでしょうか?

(岩尾)自分の勝利もうれしいですけど、連敗の流れを止めて1勝できたことがすごくうれしいです。

-今日もたくさんのファンの方が応援してくれました。メッセージをお願いします!

(岩尾)明日からも頑張るので応援よろしくお願いします!

-今日のヒーローはプロ初勝利の岩尾投手でした!

渡辺監督コメント

今日は良く踏ん張った。
ピッチャーは早め早めに切り替えて、岩尾は良くやったね。
今日から交流戦のスタートでみんなに気持ちを切り替えていこうと話をした。