2017/07/09(日)地域活動ニュース

“社会を明るくする運動”への支援 菊池雄星投手デザインのメモ帳を配布

メモ帳イメージ

埼玉西武ライオンズでは、法務省が主唱する、青少年の健全育成および更生保護活動である、「“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~」を継続的に支援しています。

この活動は、すべての人たちが、犯罪や非行の防止と、罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない明るい地域社会を築こうとする意識を高めることを目的に7月を強調月間および再犯防止啓発月間として全国で実施されます。

本年度は7月10日(月)千葉ロッテマリーンズ戦において、“社会を明るくする運動”のメッセージを記した菊池雄星投手が表紙デザインとなっているメモ帳の配布と、Lビジョンで啓発訴求のプロモーションを行い、犯罪や非行のない社会づくりを本活動通じて、広くご来場者へ周知してまいります。

埼玉西武ライオンズは、今後も地域社会に貢献できるさまざまな活動に協力してまいります。

配布日
7月10日(月) 千葉ロッテマリーンズ戦
配布場所
メットライフドーム
1・3塁側入場ゲート内およびボックスシート入場ゲート内
配布時間
16:30~(予定)
配布冊数
3,000冊
  • 配布予定数に達し次第終了
体裁
縦18.5cm × 横13cm
受取方法
希望される方は、配布場所にお越しください。
  • 配布は、おひとりさま1冊とさせていただきます。
  • 天候により配布場所が変更になる場合がございます。
  • 試合中止の場合には、配布を行いません。
主唱
法務省 “社会を明るくする運動”埼玉県推進委員会

地域活動ニュース一覧へもどる ニュース一覧へもどる